2014/11/29

Post #1333

Praha,Czech
今日は、11月29日。イイニク、つまりいい肉の日か。
滋賀に出張に来ているので、近江牛なんかにありつきたいと思ってるんだが、気が付けばコンビニ弁当か中華料理屋の定食だ。
寂しいものだ。
とはいえ、それで不便なことは何もない。
俺は最近、無欲なんだ。食うことにあまり金をかけない。世の中ではグルメ番組が大流行だってのにな。身体が動く分だけ、腹が膨れればそれでいいって感じだ。
着るモノだって、滅多に買わない。こいつに関しては、俺もそこそこ長生きしてるんで、不便を感じることもない。ストックがたくさんあるんだ。物持ちがイイのさ。今日着ているカットソーなんて、20年近くご愛用だ。
そもそも俺は、流行なんて気にしたことがないからな。踊らされてクジャクみたいに着飾る必要なんてないのさ。
服装ってのは、一種の自己表現なんだけど、俺はもうどうでもよくなってる。とはいえ、すっかり出来上がっちゃってるからどうでもイイのかもしれないな。いわゆる俺流って奴だ。
俺には俺のスタイルがあるんだ。どっかの誰かの言うことに踊らされてたまるか。
それどころか最近じゃ、仕事で着ている作業服でもイイんじゃないのってくらいだ。

そういえば、俺の大好きなイギリスのスーパー大御所ロックバンド、THE WHOのギタリスト、ピート・タウンゼントは、毎週ステージ衣装を買いに行くのが面倒だっていって、全盛期の70年ごろには、白の作業用のツナギを着て、作業用のブーツを履いていた。
その野暮ったいファッションで狂ったようにジャンプし、腕を風車のように振り回してギネスブック級の爆音でギターをかき鳴らし、ライブの最後には、ギターを叩きつけてぶち壊していた。
サイコーだ。男はこうでなくっちゃな!
因みにそのブーツがドクターマーチンだ。後にこれをパンクの連中が拝借し、今では普通のファッションになっているのさ。つまり、そのそもそもの始まりは、ピート・タウンゼントだったわけだ。

話がそれたなぁ。

正直言って、ここんところは自己表現なんてどうでもイイ。

そもそも俺には表現するほどの中身がないんだと思うぜ。

自分が見てきたものを、そのまま一枚の写真に封じ込めることができたら、それで十分だ。
それ以上のことはない。

読者諸君、失礼する。今頃俺は、深夜のショッピングセンターで仕事に忙殺されているはずさ。出来る事なら、素敵な女性に悩殺されてみたいものさ。けど、作業服じゃ難しいなぁ・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿