2014/12/04

Post #1338

Kathmandu,Nepal
そろそろまじめに次の仕事のことを考えなくちゃな・・・。
出来る事なら、クソ下らねぇ仕事なんか放っておいて、旅をして、食ったことのないものを食い、言葉の通じぬ人たちと笑いあい、写真を撮って、プリントしていたい。
しかし、それには結構な経費がかかるんだよなぁ。
グッゲンハイム奨学金とかもらえるんならともかく、今の状況では、そんな暮らしは無理だ。
それがフツーさ。

それはそれとして、今日は昨日のプリントの中から一枚お送りしよう。
インド系の女性の黒い肌がスゲー質感だ。硬そうな髪も、子供の柔らかそうな腕も、快心の出来だ。セバスチャン・サルガド大先生かスティーヴ・マッカリー先生のような写真だが、俺が撮ったんだぜ。

このワクワクするような感じが、君にも伝わるだろうか?
伝わってほしいものだ。
そして、この女性がその境遇のなかで、子供を育ててゆく営みを想像してほしい。
この無垢な瞳の子供が、どのように世間の垢に染まって、無限の可能性を擦り減らしながら生きてゆくのかを想像してほしい。

目を閉じて、30秒間、考えてみてくれ。

OK、想像してくれたかい?

写真というのは、想像力を働かせないと、即物的すぎて、なんにも君の心には残らない。
フェイスブックでよく見かける、誰かのランチの写真みたいに心に何も残さない。

けれど、それは、もったいないぜ。

そんなの解かりっこないし、解かったところで何の得もないと思うのも勝手だろう。
けれど、解からないなりに想像する。
そういった営みが、俺たちが日常生活で他人と接するときに、大きな糧になるんだ。
俺はそう思う。

読者諸君、失礼する。あぁ、そんなこと言うと、俺、浅薄な善人みたいで嫌になるな。けど、思ってることって、言わなきゃ何も伝わらないだろう?だから、仕方ないのさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿