2014/12/06

Post #1340

Boudhanath,Nepal
一ドル120円とは、適正なのであろうか?
それで潤っているのは、トヨタなんかの一部の大企業だけなのではなかろうか?
かつて、俺がヨーロッパあたりに旅行していた頃は、一ドル80円だった。そのころからすると、円の価値は3分の2に目減りしているわけだ。

これは凄いことだ。

去年の夏にクロアチア、ハンガリー、チェコとまわってきたときにも、円安を実感してうんざりしたものだけれど、1ドル120円にまで円が下落した今じゃ、とてもヨーロッパなんかに旅行には行けないぜ。いくら原油価格が下がっていて、サーチャージがお安くなっていても、宿泊費、食費なんかが地味に高くつくからな。当分、日本経済の流れが変わるまでは、ヨーロッパには行けないだろう。
どうりで外国からの観光旅行者が増えるわけだ。
今日も名古屋のビックカメラに行ったら、中国人だらけだったぜ。
先日取引先の懇親会で出かけたホテルも、泊まっているのは中国人ばかりだ。
あれだけいろいろ中国と政治的にギスギスしているくせに、商売だけは中国人頼みとは、どうにも節操がないというか、調子のイイ話だなぁと感じるぜ。まぁ、政治は政治で、民間の国際交流だっていうんなら、お互いのわだかまりも溶けるかもしれないが、どうやらそういう雰囲気でもない。昔の農協ツアーみたいに、日本に来ていろいろと買い物するのが主眼にみえるぜ。

日本円が安くなることで、国際競争力がついて輸出が伸びるというが、それもどうなんだろう。
既に円高デフレの時代に、日本の製造業は海外に生産拠点をシフトしており、そのメリットは限定的なんじゃないのか。
むしろ、燃料、原材料を輸入に頼らざるを得ないわが国では、デメリットの方が大きいのではないだろうか。幸い、いまのところ原油価格は下落傾向にあるけれど、これが上昇期に入ったらガソリン1リッターいくらになることだろう。そんなことになったら、ただでさえ国内流通のコストが高い日本では、流通関係の事業者に大きな打撃になることだろう。
また、日用品食料品なんかも、値上がりしている。輸入車もジワリと値上がりしているんだ。誰もかれもが海外に何かを売っているわけじゃないんだから、いい加減にこの円の下落傾向をストップしてほしいぜ。

また、大きな目で見てみれば、円の価値が下がったということは、円の信用力が下がったということを意味しないだろうか?
円の信用力が下がったということはですねぇ、つまりは日本の国際的な信用力というかパワーが下がったということになるかと思うわけです。それでいいのかどうかってのは、俺はなんとなく釈然としないものを感じているわけだ・・・。

今度の選挙は、自民党圧勝だと言われているようだけれど、アベノミクスとかいうこの経済政策も、何となくみんながイイというからじゃなくって、自分自身でメリットとデメリットを考えたうえで、投票させてもらうことにするぜ。

読者諸君、失礼いたす。俺は残念ながら日本国内でしょぼしょぼと金を稼いで、海外に旅行するのが好きなんでね。ストレートに言って、今の円安は我慢ならないのよ。
贅沢だって?放っておいてくれよ。俺の人生なんだからな。

0 件のコメント:

コメントを投稿