2014/12/09

Post #1343

Boudhanath,Nepal
自分の写真の在り方が、物足りなくなってきた。
気の向くままに旅をして、目についたものを片っ端からフィルムに収め、小さな暗室で現像し、このブログでごく少数の読者の皆の衆に見てもらう。
悪くない。
けど、フツーだ。
どっちにしても、さほど反響もない。手ごたえのなさが物足りない。
俺は今、自分の写真を世界に還流させたいと考えているんだ。
俺の写真は、自分の目にした世界を、ある瞬間で切り取ったものだ。
いうなれば、世界の断片だ。
それを暗室の中で再生させ、スキャンして、君たちに見てもらっているんだけど、もう一歩進めてみたい。

自分の撮った写真をできるだけ大きく出力して、自分がその写真を撮った場所に掲げてみたいんだ。

写真に全く興味のない人も、その写真を目にするだろう。
同じ場所でも、瞬間瞬間によって表情は全く違う。
同じ場所でも、何時までも同じ人が佇んでいるはずもない。
同じ場所でも、かつてあった建物は打ち壊され、風景は一変しているかもしれない。
その一瞬は、絶対的に一回こっきりなんだ。

その思いの一環として、このブログには可能な限り、撮影箇所をマッピングしているんだ。PC版で見ると、下の方に場所が明示されていることを、目ざとい読者諸兄諸姉は気が付いていることだろう。
たとえば、今日の写真なら『場所 ネパール〒44600カトマンズ ブーダ』とか記されていることだろう。そこをクリックすれば、グーグルマップにリンクしているので、その場所を地図で見ることができる。写真が掲載されている場所なら、写真を見ることもできるだろうし、ストリートヴューが記録されている場所なら、それも見ることができるだろう。

それをさらに一歩進めて、その場所そのものに、俺の写真を還してみたいのさ。
そう、フィードバックって奴だ。ロックのフィードバック奏法みたいなものか。つまり、スピーカーの真ん前でエレキギターの音をスピーカーから出し、その出力された音自体をギターのピックアップで拾って再出力すると、わけの判らない音が出るというあれだ。
どんなことが起こるのか、俺にも予想がつかない。
それが面白いとは思わないか?

出来得るならば、写真という表現の枠を少し逸脱して、モダンアートの方に踏み出したい。
こじんまりとした閉じた世界から、俺の写真を解き放ってやりたい。
かつて俺がカメラを携えて、世界と対峙していたそこにこそ、モノクロで再構築された、かつての風景を還してあげたいのさ。

普段何気なく目にしている風景が、四角いフレームに収められるとどう見えるのか?

見慣れた景色や色彩が、モノクロになるとどう見えるのか?

レンズを通すと、この光が、この空が、いったいどう見えるのだろうか?

何気なく見落としているもののなかに、思わぬ美しさや面白さが潜んでいるのが見えるだろうか?

まったく写真に興味のない、そこいらのおっちゃん、おばちゃん、おにいちゃん、お嬢ちゃんに、俺の写真の持ってる力をゴリゴリと押し付けてみたいんだ。
それには、見過ごすことのできない巨大なサイズが必要だ。

いったいそれをどうやって実現するのか?
そんなことを可能にする機材を、どうやって入手するのか?
そして、そのプロジェクトを実行するための資金を、どうやって調達捻出したものか?
そんなことをして、行政や地域住民から苦情は来ないだろうか?

いろいろと具体的に形にしようと思うと、困難なことが山ほどある。
けれど、少しづつ課題をクリアして、この夢想に形を与えてみたいんだ。

俺の自己満足を越えて、俺の写真をこの世界に送り出してやりたいんだ。


読者諸君、失礼する。君たちも、何かいいアドバイスがあれば教えてくれないかい?君と一緒にワクワクしてみたいのさ。何しろ俺は正直に言えば、自分の人生に退屈してるんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿