2014/12/11

Post #1345

Dattatraya Temple,Bhaktapur,Nepal
ネパールの古都バクタプル。
ダッタタラヤ寺院に、日が暮れたところに老人たちが集まってくる。
日中は街の辻に設けられたあずまやで談笑したり煙草を吹かしているだけに見える老人が、日暮れとともに寺院に集まり、シヴァやヴィシュヌを讃える歌をうたい、楽器を打ち鳴らす。
老人たちは寛大で、異教徒異民族の俺にも手招きし、ともに座り、ともに手を打ち鳴らすよう促す。
現代の日本の老人たちには見られないような、しかしどこか懐かしい老人たちの姿。
君にまっとうな感受性があれば、寛大で柔和な表情のなかに、威厳を感じることが出来るだろう。
この老人たちの姿を見ると、この地の老人たちは、進んだ医療や介護サービスなんかどこにもないけれど、見事生き切ったものだな、羨ましいものだという思いを抱かずにはおれないのさ。

俺は常々疑問に思っていることがある。
どうして、日本では歳をとった人間に対して、敬意が払われないのだろう。
どうして、日本では年寄りに童謡なんかを歌わせて、子供のように扱うのだろう。
どうして、日本では老人に話しかけるのに、子供に話しかけるようにするのだろう。

俺自身がまかり間違って年寄りになった時に、童謡なんか歌わされたとしたら、屈辱だ。
頑是ない子供に言い聞かせるように話しかけられたとしたら、悲しくなってくることだろう。
人生を通じて積み重ねてきた経験を、すべて否定されたような気がするに違いない。

かつては豊かな人生経験を積んだ老人は、共同体の精神的な指導者であったし、老人そのものに人生を達観したような威厳があった。はずだ。
たしかに、現代は多様な価値観が次から次から生じ、老人たちがかつてその人生を通じて培った経験は、速やかに陳腐なものとなってしまうことは否めないだろう。
しかし、どれだけ社会や文化が急速に変わっていったとしても、人間が生きるということの本質は、そうやすやすとは変わらないのではなかろうか?
また、かつてはどのような社会にも、宗教的な価値観がしっかりと根を張っており、老人は神もしくは仏という、超越的なものの存在により近づいた存在として認知されていたのではないかとも思う。
しかし、この高度資本主義社会では、何時の間にやら富そのものが、神を至高の座から引き下ろして、あらゆる価値観の中心に居座っている。
冷静に考えてみれば、富はあくまで手段でしかない。
どう生きるのかという古今万人に共通の人生の主題は、富という空っぽの中心の周りを虚しく回るだけで、その核心に触れる事がない。
どれだけ生きても、富という手段でしかないものが、目的にすり替わっている以上、経験がもたらすものはごくわずかだ。
これでは、年齢をかさねていったとしても、ただ虚しく生を浪費したということにしかならないのかもしれない。
極論を承知であえて言わせてもらえば、現代の日本では、生産性のない老人は、その生涯でため込んだ資産を介護ビジネスや葬儀屋や、孫の教育費のために吐き出す財布ぐらいにしか思われてはいない。

なぜそうなってしまうのか?
自分自身を顧みてみれば、そのヒントに思い至る。
俺は45歳だけれど、人生五十年と言われていた時代なら、とっくに老境に差し掛かっている年齢だ。しかし、戦国時代や明治時代の二十歳そこそこの人間にも、人間的にとても及ばないような気がする。
俺は自分で言うのもなんだけれど、いろいろ考えないと面白くない性分なんだが、それでも今よりもずっと情報も少なく、寿命も短い時代の人々と比べて、人間的な厚みがあるとはとても思えない。馬齢を重ねるとはこのことだ。要するに人間性が薄っぺらいのだ。軽佻浮薄なのだ。

たしかに自分の周囲を見渡しても、そんな人間は少ない。
ただ単に爺むさく老け込んでいる人間なら見ることは容易いが、年齢を重ねるごとに、どっしりとした存在感をまとう人間は実に少ないのだ。
そして、目の前を流れ去る事物に汲汲としているだけで、時間は瞬く間に過ぎ去ってしまい、一息ついたころには、既に老人と言われる年齢になってしまう。
そうなったときに、はたしてどれだけ人間としての巨きさが培われているのか、疑問だ。

生産性を至上の価値とする社会で、生産と消費に明け暮れ、自分の内面を顧みることがなければ、老いを迎えたときに、何が残るのだろう。
社会のお荷物にされてしまうだけではなかろうか?
それでは、子供をあやすように話しかけられ、童謡を歌わされて、手拍子なんかさせられても仕方がないか。

読者諸君、失礼する。年は取りたくないが、隠者のような年寄りにならなりたいもんだ。その時には、童謡じゃなくて御詠歌や念仏でも唱えていたいぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿