2014/12/13

Post #1347

Kathmandu,Nepal
ここんところ、俺のブログはシリアス展開だった。
仕方ない、人生にはシリアスにならざるを得ない局面があるものだ。
けれど、ほんとうは俺、シリアスに社会を憂いたり、自らの如何ともしがたい境遇を嘆いたりしているよりも、もののあわれのほうが好きなのだ。
『もののあわれ』って何よって、人間のほれ、男と女の話だよ。

古典だったら伊勢物語とかね。
詩人だったら、良く取り上げてる金子光晴とかね。
男の俺にとっては、女の人っては、うん、これはもう少しで解かりそうでいながら、どこまで行ってもよく解からない不思議なものだから、それを少しでも知るってのは、世界の半分を理解していく営みだと思えるよ。

だからいつも、女の人を見かけると、つい写真を撮ってしまう。

名前が出たついでに、金子光晴の詩を一つご紹介してみようかな。

もう一篇の詩

恋人よ。
たうとう僕は
あなたのうんこになりました。

そして狭い糞壺のなかで
ほかのうんこといっしょに
蠅がうみつけた幼虫どもに
くすぐられてゐる。

あなたにのこりなく消化され、
あなたの滓になって
あなたからおし出されたことに
つゆほどの怨みもありません。

うきながら、しづみながら
あなたをみあげてよびかけても
恋人よ。あなたは、もはや
うんことなった僕に気づくよしなく
ぎい、ばたんと出ていってしまった。

(金子光晴『人間の悲劇』より)

ええなぁ、と心底思う。
こんなことを書けるのは天才だなぁってホントに感心するよ。
こんなのも行っとこうかな。
この詩も好きだ。

愛情1

愛情のめかたは
二百グラム。

 僕の胸のなかを
茶匙でかき廻しても
かまはない。
どう?からっぽだらう。

―愛情をさがすのには
熟練がいるのだ。
錠前を、そっと
あけるやうな。

―愛情をつかまへるには
辛抱が要る。
 狐のわなを
しかけるやうな。

―つまり、愛情をおのがものにするには大そうな覚悟が要るのさ。
愛情とひきかへにして、
ただより安く、おのれをくれてやる勇気もいる。

 おのれ。そいつのねだんは
十三ルピ。

(金子光晴『愛情69』より「愛情1」)

作家の高橋源一郎は、金子光晴を読めば、あなたの人生で確実に恋人が一人は増える、しかも、質の高い恋人が!と保証してくれているけど、ほんとにそう思うよ。
とはいえ、そんなにたくさん恋人がいたら、それはそれで身が持たないけどな。

読者諸君、失礼する。それにしても13ルピーとは、ずいぶんと安いものさね。ネパールの田舎でも、チャイ一杯飲めやしないさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿