2014/12/14

Post #1348

Moulay Idriss,Morocco
写真は、2012年の1月に行ったモロッコの聖都ムーレイ・イドリスで撮ったもの。
男性の背後には、俺が訪れる少し前の2011年11月25日に行われた選挙のポスターを貼っていたとおぼしき枠が、スプレーか何かで直接書かれた壁がある。
詳しいことは忘れてしまったけれど、モロッコは王政なので、それまでは首相は国王によって任命されていたけれど、この選挙で初めて占拠で多数議席を獲得した政党から選出されることになったのだそうだ。
モロッコの人々が、初めて自分たちのリーダーを自分たちの手で選ぶことが出来たと、熱っぽく語っていたのを想い出す。

民主主義というのは、当たり前のようで当たり前ではない。
そして、民主主義がたんなる多数決であるのなら、小学校の学級会と変わりない。
大多数がなんとか承服できる方針に、どれだけ少数派の思いを汲み取ってやることが出来るか?そこが大人にしかできない高等テクニックなのだと思うけれど、昨今の政治は、何かと白黒はっきり決めたがる。
モノクロ写真といえども、実は白と黒のあわいのグレーゾーンによって成立しているというのに、複雑な現実社会を相手にするのに、白黒つけるのは難しい。
何事も白黒つけたがるのは、子供の理屈だ。
世の中は、光と闇、正義と悪、敵味方などといった単純な二元論では割り切れないんだ。
この21世紀、男と女だって、その中間に位置するようなアイデンティティーの人もたくさんいるというのに。
しかし、俺個人としては、一つを選ばないとな。
さまざまな意見の奴らが、それぞれに自分の意見を託して投票するのがイイんだ。
そして、出来る事ならば、違う意見の政党勢力が、均衡している方が望ましいんだけどなぁ・・・。大政翼賛会とか挙国一致だとかってのは、俺は御免蒙るぜ。

さて、選挙に行ってくるとするか。

読者諸君、失礼する。何にもしないより退屈しないぜって、むかしキヨシローも歌っていたしな。

0 件のコメント:

コメントを投稿