2014/12/25

Post #1359

Praha,Czech
日本ではあまりポピュラーではないけれど、有名なクリスマス・キャロルの一つに、“Good king Wenceslas”というのがある。日本では、『ウェンセスラスは良い王様』と呼ばれているそうだ。

このクリスマス・キャロルは、厳冬の12月26日、聖ステパノスの日に、城の物見台から王が雪の中薪を集める貧しい小作農を見つけることから始まる。
王は小姓を呼びつけると、『汝はあの者がどこに住む何者か知っておるか?』と尋ねた。
小姓は『あれは聖アグネスの泉のほとりに住む小作農であります』と答える。
すると王様『小姓よ、肉を持て、葡萄酒を持て、末の薪を持て、それらを背負いて我ら彼の貧しき者のもとに施しをもたらそうではないか』
というわけで、王様と小姓は冬の厳しい寒さの中、雪をかき分けて小作農のもとを目指すのだが、陽は暮れ、吹雪に道は閉ざされる。
小姓はたまらず『王様、日も暮れ風も厳しく、私の心は折れてしまい、もはやなす術とてありません』と泣き言を言い出す始末なんだが、そこは王様、『よし、小姓よ。我が先に道をゆき、雪を踏み固めてゆけば、いささか寒さもしのげよう。雄々しき心を奮い立たせて我についてこい!』と先を歩み始める。
すると、王様が踏むところ、雪はとけ、青々とした芝土が姿を現したという話だ。

つまり、富者は貧者に施しを与えることは、神の御心に沿う行いだと讃える歌詞で、締めくくられる。

このウェンセスラスには、モデルがいる。
ボヘミヤ公、ヴァーツラフⅠ世だ。
ボヘミヤとは、ほぼ現在のチェコのこと。そして、907年に生まれ、18歳で即位したヴァーツラフⅠ世は未だ伝統宗教が大勢を占めていたボヘミヤに、キリスト教を本格的に導入した若き王だった。
しかし、神聖ローマ帝国に臣従してすすめられたキリスト教化政策は、伝統宗教を信じる貴族たちの反発を買い、935年に暗殺されてしまう。

残念!

ヴァーツラフⅠ世は、こうして殉教した故に聖人とされ、次第にボヘミヤの人々に、ボヘミヤの守護聖人として信仰されるようになっていった。さらに人々は、彼を真のキリスト者にして、国と民族を護った理想の騎士だと考えるようになった。ボヘミヤの危機の時には、彼は甦り、国を救うとまで信じられていたほどだ。

写真は、彼の名を関したチェコの首都、プラハのヴァーツラフ広場に聳え立つヴァーツラフⅠ世の像だ。この広場は1968年のプラハの春の際には、ソ連軍の戦車に蹂躙され、1989年のビロード革命の際には、自由を求めるチェコ市民で埋め尽くされた。この時にも、人々はヴァーツラフⅠ世の名を脳裏に思い浮かべていたことだろう。


ビルゲイツなど、欧米の資産家には、しばしば慈善団体に巨額の寄付をしたり、非営利の慈善事業を起こす人も多いのだが、これはキリスト教文化に根差した伝統だ。マックス・ウェーバーのプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(岩波から出てますよ)を一読されたい。お勉強になるぜ。もっとも、そういったいわゆる慈善活動に、やっかみ交じりの批判も多いのは承知の上だが。
翻って日本の金持は、ただため込むだけ。
これでは、銀行に積み上がった金が泣いているぜ。
政府も、低所得者に対するアベノミクスの恩恵は、トリクルダウン、つまり富裕層から滴り落ちるおこぼれでいきわたるはずだと無責任に嘯きつつ、税金を上げ、福祉をカットしている。
まぁ、そんな政府を選んだのは、他ならぬワシら日本人の皆の衆なので、文句も言えまい。

しかし、ここで衝撃のお知らせ。
OECD(経済開発協力機構)は、先ごろ、このトリクルダウンってのは、実は歴史上一度たりとも実際に起こったことがないと発表した。

衝撃だなぁ、笑うしかない。この道しかないとか言っていたが、ますます怪しくなってきたぜ。

なんだか今日は、とりとめのない内容になってしまったなぁ。しかし、本当に活きたお金ってのは、誰かの幸せのために使わないといけないんだぜ。それが本当のプレゼントさ。

読者諸君、失礼する。メリー・クリスマス。この瞬間にも、世界には苦しんでる人がたくさんいるのさ。クリスマスで浮かれてるのはいいけれど、それを覚えていてほしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿