2014/12/27

Post #1361

Kathmandu,Nepal
昨日は取引先の忘年会に出向いて、久々に鯨飲。
芋だか麦だかわからんが、焼酎をロックでガンガン飲んで、パイプを吹かして皆の衆を文字通り煙に巻き、誰よりもでかい声で、何を話したか細部が全く思い出せない漢気炸裂トークをかまし、下ネタ全開で笑い転げて、実に有意義な時間を過ごしてきたよ。
まわりはいつも仕事でおなじみの悪軍団だから、お互い何の遠慮もありゃしねぇ。ルール無用の無礼講だ。
解体屋、軽量鉄骨屋、大工、内装屋、監督などなど、現場仕事をしている男たちの集まりは、これだからたまらないぜ。
漢同志の絆は、やはりバカ騒ぎして飲み交わさないと深まらんもんだ。女との絆はやっぱアレだけどな。
挙句の果てには、お迎えに来てくれたカミサンを、仕事仲間を一人一人呼びつけて紹介し、車の中を酒の臭いで充満させながら家までなんとか帰ってきた。カミサンはやったらめったらぷりぷりしてたぜ。
で、二日酔いもなく今日は俊才・酒見賢一版三国志『泣き虫弱虫 諸葛孔明』第四巻を読みふけって、ちょいと一戦するたびに、底抜け大宴会の劉備軍団の馬鹿騒ぎっぷりに、漢はかくあるべきだなと確信を深めていたりしたわけだ。

俺は日頃、仕事が夜討ち朝駆けなんで、酒飲んだりする機会はほとんどないんだが、こんなんだったら毎週でも構わないぜ。いつでも呼んでくれよ。まぁ、仕事が空いてたらの話だけどな。
しかしなんだなぁ、俺、年年歳歳、年を重ねるごとに、放蕩無慚のろくでなしになっていくなぁ・・・。
しかしまぁ、これも人生だ。ロックンロールだ。子供でもできたら、少しは改めるんだがな・・・。

読者諸君、失礼する。明日こそ年賀状つくらねぇとな。うかうかダラダラしてると、年が明けちまうぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿