2014/12/28

Post #1362

Bhaktapur,Nepal
年賀状を作るつもりが、何故か床のワックスがけをして一日を空費してしまった。それはそれでやり遂げた感は山盛りだったんだが・・・。

ふと、若いころの自分を思い返してみて、その不甲斐なさに、いたたまれない気持ちになって、悲しいような、悔しいような思いがこみ上げてくる。

こいつは性質の悪い胸やけのようだ。
出来る事なら、あの時その時の自分にあって、ぶん殴って説教食らわしてやりたいくらいだ。情けねぇ!

もう少し、あのときに俺に相手を思いやる優しさと、一歩踏み出す勇気があれば、そして下らない意地をはって痩せ我慢なんかしなければ、きっと今とは違う人生を歩んでいたはずなのにと思うと、情けなくって泣けてくる。その時俺の傍らにいてくれた人を、もっと幸せにしてあげることが出来たかもしれないんだ。もっとも、その人の人生を取り返しがつかないくらいぶち壊していた可能性だって否定できないけどな。

過ぎ去った時間は、泣いたところでどうにもなりはしない。

人は、そんなこと忘れて、もっと身軽に生きたらいいのにっていうだろう。きっと、俺が迷惑をかけた人たちも、すっかりそんなの時効だよ、気にしちゃいないよって言ってくれるだろう。
だけど、そんな後悔も過ちも、忘れたくないし、ずっと背負っていきたいんだ。

何故って、その失敗と悔恨の集積こそが、俺自身だと思うからだ。
で、その重りのような荷物を抱えて、しかもなお、全力で力強く、時に無様に走り続けるように、死ぬその日まで生きていきたいんだ。

そんな無様な屁垂れた若い時代があったからこそ、今の自分があるのだと自分に言い聞かせて、奥歯を噛みしめて、今日の自分が人生でサイコーだと言い聞かせるしかない。
事実、昨日の俺より、今日の俺の方が、経験値が上がった分だけ、器はデカくなってるはずだ。俺は信じてる。俺はこのままで、終わる男じゃないんだ。まぁ、このままでもかまわないけどな。

でもって、むかし俺が、ネコの糞を踏んだような気分にさせた人たち(その多くは大切な人だったはずだ)に、恥じることのないような自分でいたいんだ。

自分でも、俺は45歳の皮をかぶった15歳だって分かってるさ。過ぎたことにいつまでもとらわれて、そいつは俺の胸のなかで地団太踏んで哭き叫んでいるんだ。母を亡くした子供みたいにね。自分でも、それって辛くないか?って思うさ。けど、それをあっさり忘れ去ったり、頭の中から放り出したりしたら、それはもう俺であって、俺じゃないんだよ。
そんな阿呆が一人くらい世の中にいたって、悪くないだろう?それが俺のロマンなんだよ!

読者諸君、失礼する。俺だって、自分の人生を振り返って、もんどりうちたい夜もあるのさ、畜生!

0 件のコメント:

コメントを投稿