2015/01/02

Post #1367

八坂神社、京都
平穏安穏に見える元旦で、目を引いたのは京都で58年ぶりだかの大雪で、積雪16センチというものだった。
それくらいの雪なら、俺の棲んでる尾張でも2、3年に一度は降る。驚きはしないさ。つい先日もドカ雪だったしな。今日初詣に行ってきた岐阜の山の中の寺も、まるっきり雪国だった。いつものことだ。
むしろ、京都の冬というと、雪のなかにたたずむ神社仏閣をイメージしていたが、それこそ俺が勝手に思い込んでいた風呂屋の書割的なイメージだったのだなぁと、納得反省する次第だ。
まぁ、そんなことでずいぶん昔にふらりと立ち寄った八坂神社の狛犬の写真で行ってみよう。今見ると、もっと空をググッと焼きこんどけばよかったな。画面が締まるというものだ。締まっていいのはアレばかりじゃないのさ。

八坂神社は明治の廃仏毀釈までは仏教の護法神で疫神でもあった牛頭天王を祀っていた。それが廃仏毀釈で神社に仏教の神様ちゅうのは具合が悪いってんで、牛頭天王=蘇民将来伝説の武塔天神=素戔嗚尊ということになったわけだ。
スサノオ、素戔嗚尊。
俺が神様としてまず思い浮かべるのは素戔嗚尊だ。
母を亡くして泣き叫び、山々の木々を枯渇させる神。
天照大神に反発し、乱暴狼藉し、追放される神。
八岐大蛇を倒し、妻を得て、初めて和歌を作る神。
さまざまな樹木を生み出し、その用途を教え示す神。
俺がしばしば参拝しに行く、熊野本宮の祭神、家都美御子大神も素戔嗚尊と同一だという説もある。
スサノオの神話は広く知られているだろうから割愛するが、俺には、その神話は、漢としての生き様の祖型(アーキタイプ)だと思える。いうなれば元祖男一匹だ。
原哲夫のマンガ『花の慶次』の原作、隆慶一郎の『一夢庵風流記』は、俺の座右の書と言っても過言ではないんだが、漢とは何か、漢らしく生きるとはどういうことかということを、これでもかというほど示してくれる。心が塞いだとき、何度も読み返すのだ。
この本の没頭に、スサノオと傾奇者について触れた一文がある。俺が大好きな文章だ。少し長いが、引用してみよう。休みだから時間があるのさ。



 『かぶき者』はまた『傾き者』、『傾奇者』とも書く。最後の書き方が最も端的に言葉の内容を示しているように思われる。ほかに『傾く』という動詞や、『傾いた』という形容詞もある。
 つまりは異風の姿形を好み、異様な振る舞いで人を驚かすのを愛することを『傾く』と云ったのである。
 久しい以前から、この言葉が、私の胸の中で格別に大きな位置を占めるようになって来ていた。


(中略)


『傾奇者』はいつの世にもいる。
 室町時代の『ばさら』と呼ばれた佐々木道誉、戦国期の織田信長、慶長の大鳥逸兵衛、明暦の水野十郎左衛門。数えあげればきりがない。
 彼らは一様にきらびやかに生き、一抹の悲しさと涼やかさを残して、速やかに死んでいった。ほとんどの男が終りを全うしていない。
 『傾奇者』にとっては、その悲惨さが栄光のあかしだったのではあるまいか。
 彼らはまた一様に、高度の文化的素養の持主だった。時に野蛮とも思われる乱暴狼藉に隠れてはいるが、大方が時代の文化の先端をゆく男たちなのである。田夫野人とは程遠い生きものであり、秘かに繊細な美意識を育てていたように見える。それがまた一様に『滅びの美学』だったのではあるまいか。
 そして最後に、彼等は一様に世人から不当な評価を受けているように思われる。或いは我から望んでそうした評価を受けようとした節さえ見られる。なんとも奇妙な心情であるが、彼等はそこに世の常とは違って、一種の栄光を見ていたような気がする。それこそ滅びの美意識の最たるものではないか。私は彼等の中に正しく『日本書紀』に書かれた素戔嗚尊の後裔を見る。

『故れ天上に住む可からず。亦葦原中国に居る可からず。宜しく急に底根国に適ねといひて、乃ち共に神降去りき(Sparks註。高天原で乱暴狼藉があったので、天上にも地上にも住んではならないとして、速やかに地の底の国に去れと追放されたのである)
 これが神々の素戔嗚尊に下した宣告である。

『時に霖(ながあめ)ふる。素戔嗚尊青草を結ひ束ねて、蓑笠と為し、宿を衆神(かみがみ)に乞ふ。衆神曰さく。汝は此れ躬(み)の行濁悪しく(おこないけがらわしく)して、遂謫め(やらいせめ=追放刑に処される)らるる者なり。如何にぞ宿を我に乞ふぞといひて、遂に同に距ぐ(ともにふせぐ=つまりだれも宿を貸さなかった)。是を以て風雨甚しと雖も、留り休むことを得ず。辛苦(たしな)みつつ降りき』

 私はこの『辛苦みつつ降りき』という言葉が好きだ。学者はここに人間のために苦悩する神、堕ちた神の姿を見るが、私は単に一箇の真の男の姿を見る。それで満足である。『辛苦みつつ降』ることも出来ない奴が、何が男かと思う。そして数多くの『傾奇者』たちは、素戔嗚尊を知ると知らざるに拘らず、揃って一言半句の苦情も云うことなく、霖の中を『辛苦みつつ降』っていった男たちだったように思う。
(隆慶一郎 『一夢庵風流記』新潮文庫版9~13頁)

男なら、斯くの如くありたいというものだ。
きっとそういう馬鹿野郎は、少数派なんだろう。
まず、まっとうな勤め人には傾くことは許されないのが、この日本の社会だ。けれど、俺は今まで自分の趣味を貫き通すためだけに、仕事に打ち込んできた。その挙句、事なかれ主義の連中からは、理解不能な変人とされてきた。おかげさまで今では性質の悪い一匹狼だ。
凶暴性と知性教養を同居させ、秘かに独自の美意識を育みたい。そして、自分の生き様によって招いた困難を、自らの宿命として黙って受け入れていきたい。
俺の写真も言うまでもなく、自分の持つ美意識の発露以外の何物でもない。
また、俺が奇抜な風体を好むのも、自ら傾奇者の系譜に繋がるものでありたいとの願いの現れだ。
万人に理解されなくても致し方、ござらぬ。
今更自分を曲げる訳にはまいらぬでな。
艱難辛苦、かかってこいやぁ!だ。
それこそが男の生きる道だろう?まったくロックンロールだ。

読者諸君、失礼する。京都の雪の話から、ずいぶん脱線してしまったなぁ。しかし、俺の頭の中はいつもこんな調子でグルグル回転してるのさ。

2 件のコメント:

  1. まったく、相も変わらずのロックンロールですな。
    傾いて、傾いて、傾奇者のまま死んで下され。
    100ガロンのガソリンぶちまいて火葬したりましょう。

    くそったれな楽しい一年になりますように。
    またどこかで会いましょう。

    返信削除
    返信
    1. カツオくん、誕生日おめでとう!
      た誰かが俺の名前で検索してると思ったら、君かぁ?!お褒めにあずかり光栄でござるよ。
      いくら原油安でも、ガソリンをそんなにつかったら、もったいないぜ。マータイさんに、叱られてしまう❗ ちょっとそこらに棄てといてくれ。ローリングジェットサンダーだって❗
      てでは、また現場で逢おう!そこが男のいきる場所だよ。

      削除