2015/01/09

Post #1374

Pashpatinath,Nepal
ここんとこ何日か、むかしの投稿の写真を大きくし、レイアウトを微調整していた。
1000回を超えるくらいまでは、写真が小さかったのだ。スマホや携帯のブラウザーではあんまり違いは分からないかもしれないが、PC版だと違いは歴然だ。
思い返せば足かけ五年もやっている。ご苦労なことだ。自分でも阿呆じゃないかっておもうぜ。飽きもせず、同じようなことばかり言ってるのさ。
気が付けばもう9日だ。早い、早すぎる。
今年は税務署さんのお陰様で、早々に正月気分は吹っ飛ばされたし、仕事も年始から加速している。別にそれは構わないけれど、書いておきたいこともあったのだ。

諸君の中には、正月にお稲荷さんにお参りした人も多かろう。
一口に稲荷と言っても、宇迦之御魂神を祀る伏見稲荷の系列と、仏教系の荼枳尼天(以下、漢字が面倒なんでダキニ天って表記で統一)を祀る系列に分かれるんだ。
俺は、伏見稲荷の神様にもかつて不思議と結縁して頂いたことがあるのだが、しばしば参るのは後者のダキニ天の方だ。
いずれも商売繁盛の神様とされているんだが、このダキニ天の方は、もともとインドの土着の女神だった。
ダキニ天は豊川稲荷のお札を見ればわかるのだが、白い狐に乗った唐装束の美しい女性で描かれている。
かつては、白辰狐王菩薩とも呼ばれ、中世の天皇の即位儀礼にも関わっていたというし、平清盛が一代でなりあがったのは、狩りの最中にこの白辰狐王菩薩に会い、それを祀ることで出世し、栄華を得たとされている。
ただし、ダキニ天を祀るのは、非常にヤバい修法が必要で、信仰を怠れば、直ちに没落するという。

本来のダキニ天は、女性や大地の持つ豊穣と、それと一体になった破壊的な原初の荒々しいエネルギーを具現化した地母神にして羅刹女だ。
墓場に住み、人間の心臓や生き胆を食らうとされた魔女のような地母神が、仏教に取り入れられて、人間を加護する代わりに、その人間の死の直後、フレッシュな心臓を食うことを許されたというわけだ。
清盛が死ぬさいに、おおいに苦しんだのは、このためだと言われている。

この荒々しい女神のインドでの本来の姿は、日本人にはとても受け入れられないだろうな。
本来のダキニは三つの目を持ち、素っ裸で右手にはナイフを握り、左手には人間の頭蓋骨で作られた器を持っている。その器には人間の生血がなみなみと湛えられている。両足は、踊るように交差しており、女性器はむき出しにされている。
その表情は怒りに満ちており、逆巻く頭髪の中からは女性の持つ根源的な自然性の象徴というべきイノシシやジャッカルなどの顔が飛び出している。
そして、男たちの作った社会の欲望やシステムをあざ笑うかのように、哄笑しながら飛行する。

底抜けの淫蕩さと、残虐さと、全てを受け止めるような母性を併せ持った女神、それが俺の抱くダキニ天のイメージだ。
本当はどの女性の中にもダキニ天のような地母神に通じていく回路は開かれているんだろうけれど、ほとんどの女性は自分の中に、そんな激しい、自分でも制御できないような『自然力』が備わっているなんて、気が付いていないだろう。そんな力が噴出していても、この現代では単なるセックス依存症として片づけられてしまうかもしれない。だって、普通の人間の中に、そんな力が湧きだしたって、持て余しちまうだろう?周りから色気違い扱いされるのが関の山だ。

しかし、もし現実に、そんな『自然力』への回路の開いた女性に出会うことが出来たなら、どうするだろう。
空を飛ぶように激しく交わったまま、その性器から子宮へとひきずり込まれ、女神のような女性の子供として再生されたいと願っているのさ。真剣にそう思う。
脱線するが、俺は熊野にある伊邪那美を祀った花の窟神社のご神体である岩の前に、土人のように額づいているときも、神の子として、母親の女性器を焼いて生まれる火の御子神として、再生されたいと願っている。
男性の作ったせせこましいものを、遥かに凌駕する自然の雛形である女神に、土人のように跪きたくなる。

幸いにして、うちのカミサンはそんなタイプじゃない。現実的なごく普通の女性だ。おかげで俺は人間として破滅せずにすんでいる。けれど、そんな女神のような破格な女性に出会ってみたいものだと、痛切に願っている。間違いなく身を亡ぼすだろうけど。

俺は狂ってるかい?

けれど、一人前の男として認められるために、一度は自然をあらわす神様なり怪物に儀礼的に食われ、儀礼的に再生するっていうのは、人類の思考のなかの非常に古い部分に根差していて、ある意味普遍的なものなんだぜ。俺は民族学が大好きだからな。よく知ってるのさ。

だから俺は、いつも豊川稲荷の別院を見つけると、いそいそとダキニ天の前に手を合わせる。
そして『僕の死後、フレッシュな心臓や肝臓を差し上げますので、僕をお守りください。僕を豊かにしてください。おいしく召し上がっていただけるように、健康には注意しますので、なにとぞお願いします。』と、小声に出して祈るのだ。まわりでお詣りしている善男善女はぎょっとするわな。
百円や千円の賽銭で、荒ぶる自然力の女神ダキニ天の加護が得られるわけがない。
心臓や肝臓くらいはかけないとな。
因みに、今年参った名古屋は大須の万松寺稲荷は、巫女さんがそこらの巫女カフェから引っ張ってきたような、清楚さのかけらもないような奴で、笑っちまったがね。

おかげさんで、そこそこ儲かった。そこそこ利益は出たが、それはごっそり税務署さんに持ってかれちまった。さすがのダキニ天も税務署さんには通用しないんだろうよ。

読者諸君、失礼する。この日本の風土は、大陸から渡ってきたものを、なんでもマイルドに、こじんまりとさせてしまう不思議な場所だ。けれど、その奥には脈々と大陸独特の強烈なエッセンスが潜んでいるし、ユーラシアの風がふきわたっていたりするのさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿