2015/01/21

Post #1386

Patan,Nepal
イスラム国が、日本人の人質を殺されたくなければ、2億ドル支払えと言っている。
猶予は72時間。すでに20時間ほどが経過している。
2億ドルもの金を、日本政府が払うとも思えない。しかし、何らかのコネクションを通じて、交渉を試みているんだろう。その結果がどのようなものになるのかは、一市井の無頼漢たる俺には、とやかく言う資格はない。
出来る事なら、こんな話題は避けてしまいたかったんだが、触れておかないのは、言いやすいことだけ言って、言いにくいことは言わないというようなご都合主義の香りがするので、何も言えないと思いつつも、触れておくことにする。
もちろん、俺はそんな事より、かわいいおねーちゃんのことで考えて悶々としている方が、自分らしいとは思う。


この件に関して俺は、青い空と石ころしか転がっていない土漠に、独り途方に暮れて立ち尽くし、途方に暮れたような、悲しみと無力感の入り混じった奇妙な気分を味わっているのだ。
わかってもらえるかなぁ・・・。


どのような結果になろうとも、それによってイスラム教徒の人々を自分たちの社会から疎外するのは過ちだ。もちろん、恐れたり、おもねったりする必要もないけどね。

つまり、ちょっと文化の違う隣人として、普通に接するべきだということだ。
疎外することは、中長期的に見て何も生み出さない。
むしろ、疎外は憎悪の源になり、憎悪は新たなトラブルの源になる。
つまり、恐れたり憎んだりすれば、それはいつの日にか、何倍にも増幅されて自分たちのもとに、戻ってくるということだ。ブーメランみたいなものさ。

今回の件に関しては、なぜあの民間軍事警備会社の男性は、イスラム国の支配地域に潜入したのだろうか?というそもそも論的な、素朴な疑問が尽きない。チャック・ノリスやランボーだって、独りであそこに潜入しないだろうって思うぜ。
人相体つき、醸し出す雰囲気から察するに、今日まで傭兵として、世界の戦場を人知れず渡り歩いてきたといった風情など微塵もない白面郎に見えるのだが、どうだろうか。

以前読んだ報道では、自らの会社の事業に関する経験を積むため現地に赴いたと報じられていた。
箔をつけるというか、ある種の功名心があったのだろうか。あくまで記憶の範囲だけれどね。
しかし、理由はどうあれ、考えれば考えるほど、あまりに無謀だとしか言いようがない。アメリカも、軍やCIAなどから、かの地にエージェントを送り込んではいるだろうが、何のバックアップもない個人が、単身乗り込むには危険すぎたってことだ。
もちろん、彼個人をバッシングする気もなければ、自業自得だの、自己責任だのと切って捨てる気もないのだが、いささか現地の状況に対して、認識が甘かったんだろうなぁと思う。

そして、民間警備会社の男性を救助するために現地に向かい拘束されたジャーナリストの男性は、現地の事情に詳しく、報道によれば何らかのコネクションも持っていたにもかかわらず、今回のような事態に直面してしまった。
その志は称賛されるべきかもしれないが、支配地域と巨大な資金、そして強大な武力を保持した狂信的な集団に対して、徒手空拳で交渉を図るというのは、いささか彼個人の力量を越えたものであったんだろう。

俺は常々、仕事絡みで『別に命まで取られるわけじゃないんだ、どんとやれ!』と思うことにしているのだが、この場合、一歩間違えたらフツーに命が取られてしまうので、なかなかどんとやる気にはならないだろうよ。
そういう意味では、彼らの無謀さと裏腹な行動力には、正直感心してしまう。
自分なら、あんなふうに出来るのかと問われれば、無理って即答するよ。
いかに志があろうとも、あれで処刑されてしまったら、元も子もないんだよ。無駄死にだ。無念すぎるぜ。

読者諸君、失礼する。どのような結果に落ち着くのか、俺には皆目見当がつかない。しかし、なんとか彼らが無事に帰ってくることが出来ることを祈っているよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿