2015/01/22

Post #1387

Kathmandu,Nepal
俺は本当は、世界のことなんかお構いなしで、自分の小さな利益、幸福、快楽にしか興味なんてないという生き方のほうが、人間としてはるかに健全だと思ってるんだ。
だから放蕩者に憧れる。快楽主義万歳だ。

俺のように、自分ではどうにもできないことについて、分不相応に憤ったり、悲しんだり、自分にいったい何ができるのかなんて考え込んでしまったりするのは、あえて背負わなくてもイイ荷物を背負って歩いているようなものじゃないか。違うかい?
眉間にしわを寄せてそんなことを考えていたって、女の子には相手にしてもらえっこないのさ。

そりゃ俺にだって、世間様並みに自分の小さな利益、幸福、快楽を願う気持ちはあるさ。むしろ、人並み以上かもしれないぜ。
けど、自分が幸せを感じようと思ったら、自分の身近な人たちにも幸せになってほしいと思うのが、人情ってもんでしょう?
で、その身近な人たちにも、俺の知らない身近な人たちがいる訳で、俺の知らない身近な人の縁者が幸せでいてくれないと、俺の身近な人は幸せではいてくれないに違いないと思うわけだ。それをどんどん広げていくと、世の中にどうでもイイ人間なんて一人もいないってことに気が付いたのさ。なんと小学生の頃にね。

子供の理屈だって?

そりゃそうさ。子供の考えてたことだ、子供の理屈で当然だろう?

子供の頃の俺は、自分が生きているうちに、世界が滅びると思っていた。
当然、自分は生き残りたいと思ったんだが、自分ひとりじゃどうにもならないって気が付いたのさ。
家族、親戚、友人、そのまた家族、親戚、友人・・・。
自分一人が生き残るためには、いまでいうFaceBookの友達の友達みんなが生き残らないと意味がないって思ったのさ。
それを敷衍していくと、世界中すべての人が、世界の破滅的な終焉から救われないと意味がないという結論に達したわけだ。
子供心に、気が遠くなったよ。
まったく、ひょろひょろした色白の坊やの頃に考えたことが、この年になっても自分を縛っているんだなぁ。三つ子の魂百までとは、よく言ったもんだぜ。

御幼少のみぎりから、そんな分不相応な考えを持っていたために、大学に入ったばかりの若いころ、カルトな、いやむしろSF小説をそのまま現実化したような奇妙な宗教にハマって、家を飛びしてしまった。ついでに大学も辞め、割のいい人生からドロップアウトしてしまった。
その挙句、貴重な青春時代を禁欲的な修行の日々と、霊界闘争という幻想に費やしてしまった。酒もタバコもギャンブルも、女っ気も無し。ついでに言えばプライバシーも金もなしという青春時代だった。
さすがにうんざりして現実社会に復帰してからも、ロクな仕事にありつけず、筋が通らないと戦いを挑み続け、その都度敗北を重ね、すっかりひねくれてしまった。
で、今は政治や社会について憤ったり、社会の理不尽に憤慨したり、世界で起きてるクソみたいな現実に悲しんだりするような、身の程知らずな阿呆なおっさんになってしまったわけだ。

みんなが愉しそうに歩いているのに、自分だけ重たい荷物を担いで、三白眼で前をにらんでいるようだ。まったく、バカバカしいったらありゃしないよ。

そんな事ばかり気の向くままに書き散らしてるおかげさんで、このブログは誰の興味もそそりはしない。ごく少数の知り合いを除いて、誰にも気付かれない。
グルメ、ファッション、利殖、スポーツ、セレブの生活、そしてセックス・・・。
そういったごく普通のことについて書いていたなら、もっと君たちに気に入ってもらえたことだろう。
もっと人気者でいられただろうし、自己満足もしただろう。
しかし、俺にはそれは難しい。残念ながら。俺にはこんなことしかできないんだ。赦してほしい。

読者諸君、失礼する。とはいえ出来る事なら、自分の利益や快楽にしか興味のない、まっとうな社会人でいたかったよ。そんなのつまらないって?大丈夫さ、今でも十分つまらない男なのさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿