2015/01/24

Post #1389

On The Prithivi High Way,Nepal
今日は仕事を休んだ。
ちょうどキリも良かったのと、前にも書いた通り、あまりに痩せすぎて、体力がもたなくなってきたんだ。脂肪細胞はとっくに使われてしまっているのさ。
体力がなくなると、気力も続かない。
俺の商売は、言うたら人工(にんく)商売なんで、出たら出た分請求できるんだが、いかんせん、こんなふらふらの欠食児童のような有様じゃ、話にならないぜ。
いや、もちろん仕事してるときは、身体が軽くていくらでも動くんだぜ。3メートルの脚立だってスイスイ登れるんだ。
けど、それ以外の時がいけない。すぐにスリープモードになってしまう。それにもともと血圧が低いので、こんな有様じゃ、ふとした時にちょいちょい立ち眩んでしまうのだ。
3メートルの脚立の上とかで立ち眩んだら、命に関わるんだ。解かるだろう?

第一、何となく憂鬱な気分で、愉しくないのだ。
ちょうど、フランスのテロからイスラム国のすったもんだまで一連、あったしな。
それに伴う無力感ちゅうのもあったろう。

喩えるなら、誰にも言えない恋の悩みを抱え込んでるような面白くなさが胸にわだかまってる。
胸の奥に、毎月恒例の赤黒いマグマの塊のようなのが出現しているんだが、そいつに押しつぶされそうなんだ。腹の底から大きな声を出して、気分を変えてしまいたいけれど、どうもその気力が足りてないんだ。ガッツがないとはこのことだ。腑抜けって奴だ。
それでも世間一般の同年代の男性よりかは、よっぽどパワーはあるつもりだけどな。

まったくもって身体が弱ると、心も連動してテンションが下がるものだ。
俺は贅肉がまったくなくなってしまった腰回りに手を置きながら、思ったよ。

そんなわけで、今日は一日まったく仕事を考えないようにしていたんだ。
どうせ、明日からはフル稼働なんだからな。

で、何していたかというとカミサンと美術館なんかいってみたりしたんだ。
その帰りに、ふらりとのぞいた靴屋で、クラークスのデザートブーツを一足ゲットしてみた。
あれは歩きやすいからな。いずれ近い将来に、旅先で大活躍だろう。

読者諸君、失礼する。うちのカミサンが、自分が海外出張してるとき、俺がちゃんと食事をとるか、ずいぶん心配してるようだ。帰ってきたら、ミイラみたいになって死んでたら、たまらないって言うのさ。そんなときだけでも、この手のかかる歳食ったイタチ野郎のお世話をしてくれる奇特な人は、どこかにいないもんかねぇ・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿