2015/02/05

Post #1401

Patan,Nepal
俺のプリンターが死んでしまった。
請求書を印刷してみると、赤い文字のはずが黄色になっていやがる。
いったいぜんたい、どうゆうこった?
調べてみると、シアンとマゼンタがまったく出ていない。
俺はさっそく行きつけのカメラ屋に電話をして、キャノンのA3プリンターを注文した。
そいつにはスキャナーがついていないので、今度はスキャナーをどうするかってのが、これまた頭の痛い話だ。スキャナーがないとプリントした写真を、データ化できないからな。君たちにお届けする術がなくなってしまうのだ。いやぁ、参るなぁ。

今、正直言って四面楚歌的に金がないので、いやぁ、まいったなぁってのが正直なところだが、なんとか錬金術を駆使して、乗り切っていくとするか?

漢というのは、女のように乙な商売道具をつけて生まれてくるわけではないので、金を稼ぐのも効率が悪い。毎日毎晩。くたくたになるまで働いて、眠りこけ、筋肉痛で目を覚ます。
もっとも、そんな効率の悪い商売を、漢の道だとかいって自分をごまかしてしがみついている自分自身が悪いのだけれども。
しかし、お天道様に顔向けできないようなことをしてまで、金儲けするのは俺としては何か違うとは思わないか?
俺はいつだって、あくまでも愚直にやっていきたいし、周囲の人に対して誠実に振る舞っていきたい。もちろん、君に対してもだ。
残念ながらフェアプレーが大好きなので、税務署さんにも正直なのは問題ありだが、一個の人間として正々堂々と社会に対峙してゆきたい。

その上で、自分のやりかたを貫いていきたいんだ。

そんなんで金がガバガバ儲かる方が不思議だろう?
金が儲かるってことは、よほど能力才能に恵まれているか、もっと金持ちの奴と仲良しか、貧乏人からまきあげるスキルがあるかだ。俺としては、最初に上げたのが一番好ましい。俺は自分自身で勝負したいのさ。現時点では、欠食児童みたいなことになっておりますが、かまうもんか。
俺の人生、俺の好きにやらせてもらうぜ。君に迷惑はかけないさ。

なぁに、俺だってこれから先、いつ何時ブレイクするかもしれしないぜ。
イスラム国にとっ捕まって、有名になったりするのは御免蒙るがな。
ここはいっちょ、諸葛孔明みたいに『臥龍』とか名乗ることにするか?
そいつも悪くないな。
まぁ、何時もの与太話はこれくらいにしておくよ。俺はこれから仕事に向かうのさ。ヘルメット必須の漢の世界さ。クソッ!

読者諸君、失礼する。スパークス改め臥龍か。読者層が変りそうだな。まぁいい、どっちにしても数は多くないのさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿