2015/02/15

Post #1411

シーナ、さようなら・・・。
朝、いつものように仕事を終えて帰宅する。
レンジで食事を温めて、くだらない政治の動向や気分が悪くなる犯罪ばかりが報じられた新聞を見ながら飯を食う。
侘しいものだ。
新聞の黒枠記事に目を落とすと、シーナ&ロケッツと書いてある。
日本の誇る最強ロックンロールおしどり夫婦、鮎川誠とその妻シーナ。それこそがシーナ・アンド・ザ・ロケッツ(以下シナロケ)だ。シナロケは、鮎川がシーナに出会い、彼女に歌を歌わせるために作ったバンドなんだ。

そのシーナが亡くなった。
享年61歳。
子宮頸癌だった。

俺は、それを見て一瞬意味が頭に入ってこずに、ただ『えっー!えっー!』と叫ぶしかできなかった。
人は誰しも死んでしまうものだけれど、とても悲しいよ。
俺の好きな人たちは、次々あの世に行ってしまう。

今から30年ほど昔のこった。
当時モヒカンパンク野郎だった俺は、地元のライブハウスで知り合ったパンクの女の子二人が、東京にアパートを借りて暮らしているというので、遊びに行ったんだ。
場所はもう覚えていないし、彼女たちの名前だってもう忘れてしまったよ。
覚えているのは、そのうち一人はとっても小さくて気の強い人だったってのと、もう一人はけっこう大柄でグラマーなおねーさんだったってことだ。
いまの俺なら、年上(といってもまだ二人とも10代だったろう)の女の子二人、しかもまったくタイプが違うおねーさん二人と、おんなじ小さな部屋で眠るなんて、絶対朝まで眠らないだろ、やってやってヤリまくるぜって思うけれど、当時の俺はモヒカン刈りのイカレチンポだったにせよ、なんせ10代の小僧だ。ロクに経験もないんで、そんなこともなく、眠くなるまでロックの話をしていたっけ。
そして、その時彼女たちから聞いたのが、シーナと鮎川誠が、ベビーカーを押して歩いていたのを目撃したという都市伝説のような話だった。

シーナはステージ衣装のようなド派手な格好で、真っ赤な髪を逆毛にしてベビーカーを押していた。そのすぐ横を長身痩躯でサングラスの鮎川誠が、気遣うように寄り添っていたという。

カッコE!そんなぶっ飛んだカップルがこの世にいるのなら、いつか結婚して子供を持つのも悪くないと思ったよ。

まるで、シーナが歌った歌のようだ。

ROCK ON BABY
~ロックの好きなベイビー抱いて~

♪ロックの好きなベイビー抱いて
 可愛いママが行く


 この子が二十歳になる頃には
 この世はきっとよくなってる
 だからしばらくママとおまえで
 がんばろうね がんばろうね
 ロックで笑うおまえを見ていると
 勇気がいつもわいて来るから

 愛したから おまえが出来て
 愛があるから おまえを産んで
 いろいろあれこれ言われたけれど
 ロックでこの世がまわるまで
 人間信じてがんばろうね

 ロックの好きなベイビー抱いて
 可愛いママが行く

 まだまだ醜いこの世だけれど
 やがてはいつかまともに変わる
 悩み合っても 得はないから
 笑っていようね 笑っていようね
 ロックで眠るおまえに触れると
 心がひとりで踊り出すから

 愛したから おまえがここに
 愛があるから おまえとともに
 明日も未来も 必ず来るよ
 ロックで話が出来るまで
 人間愛して笑てようね

 ロックの好きなベイビー抱いて
 可愛いママが行く

(作詞:阿久 悠、作曲:鮎川 誠、1994年)

この曲からもう20年以上経つけれど、残念ながら世界はもっとひどいことになっている。そして、シーナも死んでしまった。

スラリとしたスタイルに、頬骨の張った気の強そうな顔立ち。
そして、すこしハスキーだけど芯に甘くコケティッシュな響きを持ったその声。
エネルギーに溢れてて、突っ張ってるけれど、実は甘えん坊で寂しがりな女性を想いおこさせる。
俺の女性の好みとしては、どストライクだ。
むしろ、御幼少のみぎりに刷り込まれたシーナの印象って、俺の女性の好みに大きな影響を与えてると思う。

今でも、ふっと彼女の歌のフレーズが口をついて出てくる。

♪どーしても逢いたい いま
 どーしても逢いたい すぐ
 どーしても逢いたい いま
 どーしても逢いたい すぐ
 KISSしたら 気付くでしょう
 運命(さだめ)が指さす女は私

(DO SHITEMO AITAI ~どうしても逢いたい~)
そんなこと、女性に言われたら、俺なら間違いなく運命とやらに従っちまうだろう。
できることなら、そんなことを言って俺を揺さぶるような激しい女性に出会ってみたいもんだって、ずっと思ってたよ。そうこうしてるうちに、無惨にもこんなおっさんになっちまったがね。


♪テクニックじゃない 本能よ
 だから悪女なんて言わないで
 恋と女はイコール
 男の夢の玉手箱

 見せてあげる 聴かせてあげる
 恋の奥の手 とっておき
 初めてつかう十八番
 素敵な恋のマジック

(ABC)
ABCかぁ・・・。モータウンサウンドみたいなこの曲も忘れられないよな。そんなマジックにかかって見たかったさ。

♪しぼって 僕のレモンを
 あなたの好きなだけ
 たっぷり僕のレモンを
 あなたの紅茶の中に
 Ah、ah、ah
 二人で飲みます LEMON TEA

(LEMON TEA)
ヤードバーズのTrain Kept Rollingの替え歌候なレモンティーは、露骨なダブルミーニングのエロソングだったっけ。


♪思い切り愛し 思い切り愛されたいわ
 はだかになるから あなたもハートのドアをあけて
 Ah うまれたままのすがたで
 Ah 自然な気持ちで抱き合って

 遊びの恋の虚しさに やっと今気付いたの
 フワフワ今日まで生きてきて やっと今気付いたの

 遊びの恋の虚しさに 荷物まとめてサヨナラ
 ダラダラ今日までひきずった 遊びの恋にサヨナラ

(A MAIN LOVER ~今夜はたっぷり~)
ああ、シーナ・・・。女の子に対するときは、ハートのドアを開け放つことを教えてくれたのは、あなただったよ。ありがとう。

読者諸君、失礼する。シーナの歌声を聴いていたら、悲しくて悲しくて、涙が止まらない。もうこれ以上なにも書いてられないよ。シーナよ、お疲れ様。よくがんばったね。安らかに眠っておくれ。
RIP

0 件のコメント:

コメントを投稿