2015/02/16

Post #1412

台北、台湾
日々の仕事に倦み疲れている。

いずれは死んでゆくこの身なら、生命を繋ぐためだけに働き続けることに疑問を感じるぜ。
仕事には矜持を持ってやっているつもりだけれど、世界のためにどうしても必要な仕事って訳でもないだろうって、心の中で声がするのさ。
好きなことだけやって、困窮して死んでしまっても、かまわないような気すらする。
ヤバい。人間として根腐れてきやがった。
睡眠不足と働き過ぎは心と体を確実にむしばむのさ。
いつもお馴染の、胸のなかの灼熱の塊が、赤黒く光りながら胸のなかで爛れているのさ。

自分ひとりの時間が欲しいんだ。
お喋りもたくさんだ。
女のことを考えるのも、シャットダウンしたい。

そう、暗室に引きこもって、自分の写真を通して世界そのものと向き合う時間が欲しいのさ。
新聞もネットもTVも、もうたくさんなんだ。
どうせロクな話はありゃしないんだから。

俺は遠い目をして、自分の写真について考える。

ごく少数の皆の衆にしか、見てもらえないつまらない写真だ。
だけれど、俺にはかけがえのないものだし、けっこうおもしろく感じてるのさ。


キレイな写真や、見たものを驚かせるような写真は、撮りたいとも思わないし、自分に撮れるとも思わない。
そもそも、こんなブログをやっていても、写真を気に入ってもらえるようなことは、ごくまれだ。

写真ってのは、そもそも表面しか写らない。

だれしも写真で問題にするのは、その表面だ。

美しい街並み、美しい女性、美しいおっぱいやヘアヌード、美しい海や山、美しい花々、美しい色彩、美しい階調、そして何より美しい光・・・。

結構だ。それは俺以外の大勢の人々にお任せしよう。そう、それで何にも問題ないだろう。

本当に俺が関心があるのは、そもそも写真には映らない人間や物事の内面だ。

それを真実、実在ともいう、ということにしておこうぜ。

美しい街並みよりも、人々の生臭い暮らしの息吹が伝わってくるような煤けた町並みが好きだ。

美しい女性の顔やハダカよりも、その女性の内面を知るのが好きだ。
美しいからといって、内面もまた美しいとは限らないだろう?
写真から、その人が内に秘めた欲望や狂気が立ち上るような写真が撮りたい。その人が抱えた悲哀や愉悦が迸るような写真が撮りたい。
それらはもちろん、目には見えないものだ。

美しい海や山、それにはそもそも興味がないのさ。

美しい花々、それは剥き出しになっている植物の生殖器。

美しい階調よりも、強烈な陰影を描くコントラストが好きだ。

そして、これだけは譲れない美しい光。
光によって際立つ闇。

俺が写真でとらえたいのは、並の写真には映らない美しさ。

ドブネズミみたいに 美しくなりたい
写真には写らない 美しさがある

ブルーハーツの大昔の歌のような美しさ。

俺が写真でとらえたいのは、そんな矛盾したもの。

読者諸君、失礼する。そりゃ俺だって、きれーなおねーさんの写真とかも撮りたいんだぜ。
けど、そいつにゃ相手が必要だろう?俺の性には合ってないのさ。
そもそも、きれーなおねーさんと二人っきりなら、写真を撮るよりも他に、やるべきことがあるはずだろう?
残念ながら、俺は草食系ではないんでね。

0 件のコメント:

コメントを投稿