2015/02/25

Post #1421

Boudhanath,Nepal
Bloggerを開いてみると、Warningが掲載されていた。

『3 月 23 日より、露骨な性描写を含むコンテンツは Blogger に掲載できなくなります』だそうだ。

『2015 年 3 月 23 日より、露骨な性描写やヌードを扱った画像および動画を Blogger で一般公開することはできなくなります。

注: 芸術、教育、ドキュメンタリー、科学などの、公共の利益を目的とする裸体像の掲載は許可されるものとします。』


やれやれ、厄介だな。

露骨な性描写ってのは、無いつもりなんだが、これを判断するのは俺じゃない。グーグル先生だ。
ご苦労なこった。
芸術的なもの、科学的なもんとかはおとがめなしってんだが、それを判断するのは俺じゃない。グーグル先生だ。
これまた、ご苦労なこった。クソ!

まったく性的なものが含まれていないわけじゃない。
この世界ってのは、性的なもの抜きには存在しがたいものなんだから。
もっと言えば、その辺のクレーンの写真に欲情する奴だっているかもしれないしな。何が露骨に性的かなんて、さっぱりわからないぜ。

思えば、Post #1050アムステルダムの土産物屋の店先で撮ったトランプは、思いっきりちんやまんが写り込んでいた。むかし、おっぱいパブで撮った写真Post #332も、思いっきりチチが写っているのがあったな。アレはカミサンに叱られて削除したっけ・・・。

それも過去のブログには掲載されているので、俺のブログが新しいアダルトコンテンツポリシーに抵触する可能性がまったくないとは言えない。俺が問題ないと思ってるものでも、グーグル先生が問題だと思ったら、アウトだ!

抵触するとどうなるか?

ブログは限定公開にされてしまうわけだ。限定公開にするということは、予め俺の方で読者としてメールアドレスなどを登録した常連さんだけが、いちいちログインして初めてこのブログをみることが出来るということだ。

面倒くさいったらありゃしない。
終わったな。
そんな措置が取られたら、俺はこのブログ、店じまいするよ。
どうせたいして反響もないし、ほとんど誰も見ちゃいないんだからな。

それが嫌なら、そういったたぐいのコンテンツを、3月23日までに削除する必要があるというのだ。

もう既に1400回以上続けているんだぜ。それをいちいち精査して問題のありそうな画像を削除するってのは、この忙しいのに骨が折れる大仕事だってことだ。だいたい、、俺がOkだと思っても、世間はそう思ってはくれなかったりするのは、毎度のことだ。俺の常識と世間様のそれは、1オクターブくらいはずれまくっているんだからな。

やれやれ。あまりにくだらない話で、思わずため息が出てくるぜ。

かつて、P-Funkの総帥ジョージ・クリントンはとんでもなく素晴らしい名言を残している。

曰く“All Good thing is NASTY”つまり、『全て良きものはいやらしい』

まったくそう思うぜ。この世の中がこんなに息苦しいのは、みんな根は好色なくせに、そんなそぶりを見せることなく、自分たちを抑圧しているからだって思えるよ。どいつもこいつも、真面目になろうとして、愚かしい結果を招いている。愚かしいことに真面目に取り組んでみるという逆転の発想は、どこにもないものだろうか?

葛飾北斎の描くところの春画とか見てみるとイイ。
すごくおおらかで、愉しそうな性行為が、北斎の天才的にのびやかな筆致で描かれている。
北斎はしばしば調子に乗って、詞書まで書いている。これがまためっぽう面白い。
思わず笑い出さずにいられないほど、おおらかで、セックスってのは愉しいものだと思えてくるぜ。

葛飾北斎にしても天才荒木経惟にしても、素晴らしい芸術は猥雑と紙一重だ。その紙一重を、どうやってグーグル先生はジャッジするのだろう。

不思議だぜ。どうして性的なものが忌避されるのか。俺にはいまだによくわからない。

誰だって、持ってるものだろう?ありふれたものだぜ。

誰だって、性的な行為を通じてこの世に産み出されてきたんじゃないのかよ?
因みに言うと、俺はストイックに見えるけれど、あっちの方も大好きだぜ。
そもそもエロスってのは、未知なるものの探求を意味してるんだからな。

やれやれ、やるせない気持ちだよ。

①それまでに物議を醸しだしそうなものは、悔しいけれど削除したりするべきか?

②それとも焼き海苔みたいに、思いっきり黒の線でもいれておくとするか?

③乳首には昔の週刊プレイボーイの広告みたいに☆でもつけておくとするか?

④それともいっそ、悪名高いFC2にでも引っ越すべきか?

⑤限定公開にされても、好き勝手にやり続けるべきか?

俺は是非、君たちの意見を承りたい。

読者諸君、失礼する。まったく世知辛い世の中でござんす。
There is No easy Way to be Free!
自由への道のりはいつだって平坦じゃないのさ。

5 件のコメント:

  1. こんにちは。
    まるで安部の基準に近い規制ですね。
    悩ましいと言うより、腹が立ちます。
    相対的に誰もが納得できる指針や指標を示せ!!

    ところで、現実的な話として、過去にさかのぼり記事を削除は面倒ですよね。
    それに、表現の自由を奪われた状態ではSparksさんがかわいそうだし・・・。
    ⑤が良いのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. Kentilfordさんへ。
      いつもありがとうございます。
      限定公開ってのも癪ですよねぇ。
      現実的に数枚の写真のために、長年続けてきたこのブログの存亡の危機ってのもなんか釈然としないんですよ。
      kentilfordさんやころさんみたいなコア読者さんの他にも、コメントしたりはしないけれど、読んでくれている方も確実においでになるんで、あまり短気をおこすのもどうかなって、今日のところは思います。
      なんにせよ、言いたいこと言って、ここに俺はいつだって立ってるんだっていう、社会に対する姿勢ってのも重要だと思えるんですよ。
      いずれにせよ、悩ましいところです。

      削除
  2. お馴染のころさんからコメントを頂いたんですが、僕の誤作動で表示できなくしちゃったんで、文言だけサルベージして掲載させていただきます。

    『⑤です。
    そして限定公開になったらやめる、です。

    いつの時代も庶民の自由なんてこんなもんなんですね。
    江戸時代と変わらないというか、自己規制、自粛はの風潮は今の時代の方が強いのかもしれません。
    江戸時代のことはよくわかりませんが…。

    その上で規制の少ないところに乗り換えるとか? 』

    ころさん、ごめんなさい。

    返信削除
  3. ころさん、不手際でご不快な思いをさせてすみません。
    イケイケなご意見、嬉しく思います。
    確かに、以前写真と文章を分けたほうがインパクトがあるのでは?というご意見を頂いたことがあるように、そういう形に持っていくには、いい機会かもしれません。
    いっそ、昔アラーキーが電通の専属カメラマンだったころ、会社のコピー機を使い、女性事務員に和綴じをさせて大量に作っては、著名な文化人に勝手に送り付けていた『ゼロックス写真帖』みたいなことを、現代的にアレンジしてやってみる方向に舵を切るのも一つの展開かもしれません。
    けれど、Kentilfordさんのコメントへの返信にも書きましたが、名前も明かさず、コメントもせず、とはいえ読み続けてくれている読者の方もおいでになるでしょうから、この形、この場ってのも、偏固な意地張って、無駄にしたくはないなという想いもあるんです。
    また、どうせ規制してみるのなら、へらへら思わず笑っちゃうようなやり方で、真正面から突破するのではなく、斜め下(下というところがミソ)からかいくぐってみるのも、これまた面白いんじゃないかって思います。
    それも、僕らしい戦術かもしれません。

    返信削除
  4. ⑤に近いですが、
    このままやり続け、限定公開になったらやめる、です。

    いつの時代も庶民の自由なんてこんなもんですかね。
    江戸時代よりも今の時代の方が、自己規制、自粛の風潮が強いのかもしれません。
    江戸時代のことには詳しくありませんが…。

    sparksさんの写真と思いは世にぶちまけるべきと思っているので、
    限定〜になったら他のところに乗り換えてほしいなぁ、というのも本心です。

    返信削除