2015/02/28

Post #1424

Kathmandu,Nepal
毎度毎度のことながら、自民党の閣僚の金にまつわる不祥事が続いている。
むしろ、法の目をかいくぐって金を集めたりしていないようでは、自民党の政治家にはなれないんじゃなかろうかと思えるぜ。
政治には金がかかるということは、分からなくもないのだが、何のために国民から集めた税金のなかから、政党助成金なるものが、受け取りを固辞している共産党以外の各政党に与えられているというのか?

だいたい、この国の人々は政治家に甘すぎる。人のうわさも75日という国民性のなせる業かどうか知らないが、結局のところ言論人たちの追及が中途半端なんだろう。いつだって白黒つけるところまで行きつかない。いつだってグレーだ。

政治資金に関する報告書だって、領収書はおろか、適当な記帳記載でも許されてしまうんだ。
いうならば、白色申告だ。領収書も帳簿もいらない自己申告だ。

俺のような零細企業の経営者が、税務署に書類を出す際には、当然青色申告だ。
一円単位まで帳簿をしっかり作り、貸借対照表、損益計算書をつくって帳尻を合わせ、それに基づいて納税書類を作成しなきゃならないんだ。

どうして、政治家のセンセーがたには、そういう面倒な作業がないのか?
何故って、奴らはしょせんルールを作る側だからな。

この国では、政治家というのは世襲の貴族階級のことを指している。
世襲の貴族の子弟は、一万円の純利益を稼ぐ苦労を知らないだろう。
世襲の貴族の子弟は、自分たちは特別だと信じていることだろう。
世襲の貴族の子弟だからといって、国民の模範になる振る舞いを求められるわけではない。
世襲の貴族の子弟だからという理由だけで、選挙にでて、当選し、特権を享受することが出来るのさ。

今日の日本には、ノブレス・オブリュージュ、すなわち『高貴な者は義務を負う』という見識は存在しないんだ、残念ながら・・・。

毎度毎度、阿呆らしくていちいち突っ込む気にもならないが、これもうがった見方をすれば、いつもやっていれば、国民はだれも気にしなくなるので、ばれなきゃいくらやっても構わないし、よしんばばれたとしても、議員辞職に追い込まれて、おまんまの食い上げになるというものでもないので、どうってことない、という状況に持っていこうとしているのでは、なかろうか?

いや、待てよ・・・。それはもうその通りの状況になっているじゃないか?

小渕優子なんか、あれだけ世間に叩かれたのに、昨年末の選挙で堂々とトップ当選だ。HDにドリルで穴まであけて証拠隠滅を図っていたという悪質さだったが、国民は真相を究明することよりも、彼女を赦すことを選んだ。

阿呆じゃないか?

その後、真相は究明されたのかい?
寡聞にして俺は知らないんだがね。
金の不祥事がばれても、大臣を辞めれば、何の問題もないというのかい?
普通の会社員なら、懲戒解雇だろう?
普通そうなったら、何年間かはなかなかに苦労することになるんじゃないのか?

ニンゲン、缶コーヒー一本おごられたって、相手に対して感謝の念なり負い目なりを感じてしまうというのに、何百万ももらっておいて、何の負い目も感じないって本当かい?
それが本当なら、よほど相手のために骨を折ってやったってことじゃないのか?
それとも、よほど面の皮が分厚いのか?

いい加減、俺たちはもっと真っ当な感覚で政治家を選ぶようにしないといけないんじゃないか?
いまのままじゃ、江戸時代の農民以下だぜ。
なにしろ、奴らはいざとなれば一揆を起こして、命がけで異議申し立てをしていたんだからな。

このままじゃ、憲法だって大きな議論がなされることもなく、なんとなく変えられて、政治家の都合のいいようなものにされちまうぜ。

言っておくけれど憲法ってのは、他の法律とは全く性格が違う特殊な法なんだぜ。
国家の主権者たる国民の名のもとに、立法、行政、司法はどうあるべきかを定めたものだろう。
もっとひらたく言うならば、政府が暴走して、国民を不幸にしないようにするための安全装置なんだ。
それを、政治家の発案で変えることを目指しているというのは、俺に言わせればそれこそ横暴で僭越だ。

この国の主は、天皇陛下ではない。それは昭和20年8月15日までの話だ。
現在、この国の主権者は、われわれ国民一人一人のはずだ。
自民党の皆さんは、天皇陛下を我が国の象徴から、再び国家元首に祭り上げようとしているのだ。皇族方が折に触れて、現在の憲法を尊重すべきであると、おっしゃっておいでなのにもかかわらずな。

読者諸君、失礼する。書いているうちに、実は今の状況は、非常にマズイんじゃないかって、再認識してきたよ。目を覚ませ!

2 件のコメント:

  1. 返信
    1. のぼるさん。はじめまして。
      自民党の連中の言うことの無軌道ぶりには、心底腹が立ちます。
      国民の皆さんに、改憲は悪いもんではないと味わってもらうなんて、胡散臭いを通り越して、馬鹿にしているとしか思えませんね。
      また、よろしく。

      削除