2015/03/03

Post #1427

Bhaktapur,Nepal
ネパールの古都、バクタプル。
路地裏を歩くと、子供たちがぼろぼろの三輪トラックの荷台に乗って遊んでいる。
夕暮れ時で、ぶれてしまったが、子供たちは異邦人の俺を見て微笑んでいる。
俺もニコニコしていたことだろう。

まるで、昭和30年代の日本のような風情だ。
一様にみな貧しいが、明るく元気だ。

俺の家のすぐそばには、学習塾があり、親に送られた子供たちが、夜遅くまで勉強している。
どちらが幸せなのだろうか?

俺はこの日本が、世界で最も豊かな社会を実現しているのは間違いないと思うのだが、その見返りに、失ったものは多いようにも思えるのさ。

世界は広がった。その代わりに空虚になった。そんな感じだ。

俺は、空き地の土管の中や、雑木林の木の上に、友人と基地を作って楽しんだ遠い日のことを、ぼんやりと思い出す。夕方には、近所のおばあさんが畑で採れた大根なんか持ってきて、分けてくれたりしていたっけ。
もう、ぼんやりとしか思い出せないけれど。その頃は、まだ日本はもう少し貧しかったし、もう少しのんびりしていたんじゃないだろうか?なにしろ、もう40年近く昔のことだ。
君はどう思うだろう。

しかし、しかしですねぇ、今更地域の共同体に抱かれ、貧しさに肩を寄せ合いながらも、濃密な人間関係のなかで幸福感にひたるには、俺たちはみな、すれっからしになりすぎているんじゃないかな。
なにしろ、俺たち人間の欲望ってのは、後戻りが効かないものだからな。

自分から手を差し伸べなければ、手をつなぐことはできない。そんな考えが、脳裏をよぎる。
求めよ、されば与えられん、か。
人間関係ってはのは、まずは求めることからすべて始まるんだが、俺たちは既にそういうのが、ある意味ウザったいと思うようになってるんだから始末が悪いぜ。
けれど俺は、どこか濃密で火傷するんじゃないっかってほどの、濃密な人間と人間の交わりに憧れる。君たちとも、もっといろいろと話し合ったりしたいのさ。うざい奴なんだ。

だからあえてもう一度、俺は自らに問いかけたいのさ。
あの貧しい世界に暮らす彼らと、俺たちの豊かでどこか荒んだ社会(異論はあるだろうが、18歳の若者が、13歳の少年をいたぶり殺すような社会が、荒んでいないとは俺には思えない)に暮らす俺たちと、いったいどちらが幸福を感じているのだろうか?

幸福というのは、以前にも言ったけれど、人間と人間のつながりのなかにしか見いだせない、淡い蜃気楼のようなもののように、俺には思えるのさ。
しょせん俺たち人間は、独りで生まれ、独りで死んでゆくしかない寂しい存在なんだからな。
人生は意外と短いんだぜ。立場や宗教や民族で、憎みあったり、いがみ合ったりしてるような暇は、実はどこにもないんだ。

ゲラゲラと腹の底から笑いあっていたいんだよ、俺は。

読者諸君、失礼する。教えてくれないか?君は、幸せかい?

0 件のコメント:

コメントを投稿