2015/03/11

Post #1435

Praha,Czech
全ての日付に、何らかの意味がある。

誰かの生まれた日であり、誰かの死んでいった日でもある。
そして、忘れてはいけないことが起こった日でもある。


昨日は東京大空襲から70年だった。
アメリカ軍の大空襲によって、東京では10万人ともいわれる犠牲者が出た。
文字通り、焦土と化し、数多の焼死体が打ち捨てられていたという。
その局面だけを見れば、日本は被害者のように見えるけれど、中国や東南アジアで日本人が行った蛮行も、負けず劣らずだ。
俺たちは誰しも、過去から目を背けることはできない。


今日はあの震災から4年だ。

ほんとうに多くの方が亡くなった。
津波に追われ飲み込まれる人々の映像を、俺は忘れることが出来ない。
大切な人を亡くし、人生の喜びを失った人がいる。
未だに行方のわからない方もいる。

原子力発電所が爆発した日を忘れることが出来ない。
日本は、ほんとうに終わったと思った。
そして、未だに自分の家に帰ることすらできない人がいる。

仕事を、家庭を、友人を、家族を、故郷を失ってしまった多くの人たちがいる。
寂しさの中で、独りひっそりと死んでゆく人たちは今も絶えない。

そして、それに対して何もなしえない無力な自分がいる。

自分の生活で精一杯の無力な俺なのだ。
赦してほしい。
恥ずかしいことだ。

そんな状況なのに、政府は原子力をガンガン推進している。
そんな状況なのに、オリンピックのお祭り騒ぎで景気浮揚を図ろうとしている。
そんな状況に便乗して、日本全国で、わけの判らないことに税金は使われ続けている。

福島の惨状を見て、原子力発電から撤退を決めたドイツから、メルケル首相がやってきている。
彼我の政治家の、見識、理念、行動力、そしてあらゆる素質のレベルの違いに、暗澹たる気持ちにならざるを得ない。
過去の過ちを直視し、進むべき未来を指し示し、人々の弱さや悲しみに寄り添ってくれるような政治家は、日本には現れないのだろうか。
全てを政治のせいにすることは、間違いなのはわかってるさ。
わかってはいるけれど・・・。

読者諸君、失礼する。今日は少し控え目にしておくことにするよ。
RIP

0 件のコメント:

コメントを投稿