2015/03/17

Post #1441

Budapest,Hungary
ロシアからのスパム・アタックが止まらない。
おかげさんで、PVはうなぎのぼりだ。ちっとも嬉しくはないがね。

夜勤明けの帰り道、鶯の鳴く声を聴き、とうとう春が来たかと実感するわけだが、家に帰って新聞を見ると、どんよりとした気分にさせられた。

一年前のロシアによるクリミア併合の際、ロシアの大統領プーチンは、最悪の場合核兵器の使用も準備していたと、TVのインタヴューでぬけぬけと答えやがった。

俺はプーチンは阿呆だと確信したよ。

おっと、またこんなことを書くとロシアからのスパムが激増してしまうことだろう。最悪の場合、俺もプーチンの刺客にぶっ殺されちまうかもしれん。なに、そうなったからといって、たいした問題じゃない。痴漢が一人、地球から減るだけだ。どうということもないさ。
それよりも、自分が思ったことを、堂々と言えない、或いは言わないことの方が、俺には重大な問題だ。

俺が少年の頃、世界は米ソ二大国による冷戦の真っただ中だった。
いつ阿呆な大統領なり狂った書記長なりが、とち狂って核ミサイルのボタンを押すのか、俺たちは黒ひげ危機一髪のような気分で、戦々恐々として暮らしていたのさ。
俺はガキの頃、俺が30歳になるまでに、世界は核戦争で滅びちまうもんだと信じていた。
今思えば、そんなこと考えずに、もっと将来のことを考えてお勉強しておけば、もっと割のイイ、窮屈な仕事に就くことが出来ただろう。もっとも、俺の性格じゃ、長続きしたとも思えないけれどね。
ペレストロイカに、ベルリンの壁崩壊、そしてそれに続くソビエト連邦の崩壊によって、世界は全面核戦争の危機から救われたかと思ったものさ。

それが、今朝のニュースで見たプーチンの発言で、世界はまた狂ったような我慢比べに突入したように感じたよ。

だいたい、クリミアでNATOや米軍相手に核兵器なんか使ったとしたら、クリミアに人間なんか住めなくなるんだぜ。ちょっと考えればどれほどリスクが高いかわかるだろう?
そんなことも分からず、核兵器の使用を選択肢に入れるなんて、正気の沙汰とは思えないね。

まったく、この世は悪無限だぜ。
はっきり言っておくけど、俺はどんな戦争にも反対だ。
戦争というのは、他国の軍隊を使って、自国の国民を殺させる行為なんだ。
いったいぜんたい、戦争が俺たちに少しでも良いものをもたらすっていうのかい?
答は、ノーだ。ナッシングだ。

やくざ者がトカレフや日本刀をひけらかして、粋がるような真似はやめてほしいぜ。
そして、ロシアとの間に領土問題を抱えているからと、弱腰で非難声明の一つも出せないわが国の政府の腰抜けぶりにも、うんざりだ。
何が積極的平和主義だ。笑わせるぜ。
この地球上で唯一核攻撃を受けた事のあるニッポンが、声を大にして非難しないでどうするのさ?
目先の利益ばっかりで、理念も理想もありゃしない、毎度おなじみ事なかれ主義国家日本の事なかれ主義外交だ!
ここぞという時に、言うべきことを毅然として言わないから、世界中から舐められてしまうのさ。

恥ずかしいぜ。

恥ずかしいついでにもう一つ。
何がどうまかり間違って自民党の国会議員なんかになっちまった三原じゅん子が、太平洋戦争中のスローガンとして使われていた『八紘一宇』なんて言葉を、国会で持ち出しやがった。
今朝の新聞から引用しよう。
三原氏は衆院予算委員会の質問で『ご紹介したいのが、日本が建国以来、大切にしてきた価値観、八紘一宇であります』と述べたという。
この八紘一宇なんて言葉、いまどきの人は誰も知るまいて。
手元の新明解国語辞典を引いてみよう。それにはこうある。
『全世界は本来一つであるということ。』それは結構だ。現実には程遠いがな。そして以下こう続く。
『第二次世界大戦中の侵略を合理化するためのスローガンとして用いられた。』もちろん、八紘一宇の中心には、天皇陛下ということになっておったわけだ。いまどきこんな言葉を引っ張り出されて、陛下もさぞや御心を痛めておいでだと、俺はおいたわしく思うのであるよ。

まったくもって、戦後70年を迎えて、なにかと近隣諸国とギスギスしている折に、あえて持ち出すような言葉じゃないよな・・・。三原じゅん子、こいつも阿呆だ。しかも、その後こう続けたという。

『八紘一宇の理念のもとに、世界が一つの家族のようにむつみあい、助け合えるような経済、税の仕組みを運用することを確認する崇高な政治的合意文書のようなものを、安倍総理こそが世界中に提案していくべきだと思う。』と語ったそうな。

これは、何やら結構なことを言っているように見受けられるが、よく考えてみると、何も言っていないに等しい。世界が愛し合えないのは、人類の歩んできた長い道のりのしがらみがこんがらがっているからだし、助け合えるような経済や税の仕組みなんてのが、ほいほいと提案できるようなら、誰も苦労しないし、ダボス会議もOECDも必要ないってこった。
正直言って、小学生の作文レベルの発言内容だ。
で、何か言っているようで何も言っていない部分をバッサリと切り捨てると、単に先の戦争中のスローガン、苔の生えたような『八紘一宇』の言葉と、安倍総理礼賛だけが残るって寸法だ。

三原じゅん子、政治家の素質なし!

俺は、破壊本能と闘争本能の塊みたいな男どもじゃなくて、女に任せておけば、世の中もっとましになるかと思っていたんだが、三原じゅん子や櫻井よしこ、それにアパルトヘイト推進論者の曾野綾子なんかを見ていると、女にも任せておけない気がするよ。

読者諸君、失礼する。まったく、時代錯誤も甚だしいぜ。ふざけんな!

0 件のコメント:

コメントを投稿