2015/04/19

Post #1474

Dubrovnik,Croatia
快男児でいたい。

誰に対しても朗らかに親しみ、胸襟を開いて受け入れる漢でいたい。
人の目なんか気にすることなく、楽しいときには大きな声で笑い、悲しいときには涙を流せる素直な男でいたい。

若者や子供たちに親しまれ、仲間からは信頼され、老人からは頼りにされる。
そんな男でありたい。自分の大切な人の笑顔を守れるような男でいたい。
女たちからも愛されるなら、なおヨシだが、それは高望みのしすぎだろう。
俺のようなフーテンには分不相応だ。

自分の肩書や資産の量で勝負するのではなく、まったくの素っ裸、一人の人間として世間、世界に対峙して、踏みとどまり、なお一歩を踏み出せるような勁い男でありたい。
自分の理性が受け入れないことには、断固として反対し、孤軍奮闘するような、一人の男でいたい。ちなみに、アナーキストってのを定義すると、自分の理性が承服しないことに対して、断固として反対する者のことを言うのだそうだ。
それでいけば、俺は間違いなくアナーキストだ。俺は今の政府のやり方には、まったく承服できないからな。

さて、この平成の快男児、昨日はプリントするつもりだったが、ネガを選んでいる最中に、ネガの管理台帳が、先日のパソコンのクラッシュの影響で、わやになってまっとる(これは名古屋弁でダメになっているという意味だ)ことに気が付き、何時間もかけて精査し、再構築していたんだ。何しろ、もうすぐ旅行だからな。しこたま写真を撮ってくるから、整理しておかなければ大変なことになっちまうのさ。
おかげさんで、これっぽちもプリントすることなんてできなかったよ。
くそ!せっかくの機会だったのにな。
そんなときもある。しかし、そんなときばかりだ。
俺は人生を空費してしまったようなさみしい気持ちになる。

今日こそは、これから飽きるまでプリントしよう。天気はぐずつき模様。外に出かける気にもならないしな。そして、誰も俺を誘ってはくれないだろうし。

読者諸君、失礼する。男には、一人の時間が必要だ。それは創造的な時間なのさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿