2015/04/23

Post #1478 さよならニッポン

HongKong
よせばいいのに、また写真集を買ってしまった。
そのうち床が抜けてしまうぜ。
仕事の打ち合わせに珍しくスーツにネクタイで出かけ、そのあと知り合いのやってる喫茶店にふらりと立ち寄り、その帰り道、ふらりと立ち寄ったジュンク堂でつい買ってしまったのだ。
中藤毅彦の『STREET RAMBLER』つまり、ストリートの流れ者だ。
このタイトルだけでも買いだ。
しかし、やられたな。悔しいな。負けないように頑張るぜ。プロにかなうわけないってか?
知ってるかい、写真は現実のコピーなんだぜ。感性を研ぎ澄まして、来た球を打ち続ければ、俺もいけるさ。
さて、気になるお値段、7,560円(Tax in)。
俺は金のかかる男だって言ってるだろう?
まいったなぁ・・・。

唐突だが、今日から俺は一足早く海外にトンずらさせてもらう。
今回はヨーロッパだ。スペインだのデンマークだのドイツだのだ。

いつものNorth Faceのメッセンジャーバッグには、フィルムが55本入ってる。
カメラは相も変わらず、コンタックスT3だけだ。
いつだって俺は潔いのさ。最小の機材で、最高の仕事をするんだ。
あとはパスポートさえあれば、旅行の準備はばっちりだ。
なにしろ俺は旅慣れているからな。

カバンの中には、古今和歌集をはじめ、何冊かの詩集。

俺の詩は、フィルムと印画紙で記されるのさ。

旅行の間は、今までの写真をテキトーにお送りすることにしよう。
写真自体は適当ではないけどね。

旅行中の様子に関しては、俺のFB/KohichirohHattoriを参照してくれ。
公開設定をフリーにしておくからよろしく。暇なら覗いてみてくれ。

読者諸君、失礼する。鬱病のパイロットに当たらないか、大いに楽しみだぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿