2015/05/21

Post #1506

Bremen,Germany
昨日は打ち合わせを二件こなすくらいしかやることのない一日だった。
仕事が暇だと、そんなことでもないと他人とほとんど話さないありさまだ。
こりゃ、偏屈で寂しい老後を迎えることになるだろう。間違いないぜ。
こんな俺をわざわざ訪ねてくるのは、生命保険のセールスのおばちゃんくらいだ。相変わらずおばちゃんには大人気だけどな。
こんな時に、君が訪ねてきてくれたなら、どんなに楽しい時間を過ごせるだろうか?
若い頃から俺はずっと反体制でやってきた。だから、俺には友人が少ないのさ。仕方ないぜ。何しろ俺は上っ面の話題だけが上滑りするような友人じゃ、退屈しちまうからな。本音の話で盛り上がりたいのさ。
昨日は初夏の陽気だったなとか、アマゾンからCDが届いたんだなんて話をしても仕方ないだろう。俺がする話じゃないのさ。だれか別の人にお任せしよう。

そうだなぁ、何か話題になるようなことはないかなぁ・・・。

そうそう、実は今度の土曜日に、高校時代の同窓会があるんだが、イマイチ気乗りしないながらも、つい出ることにしちまったんだ。まったくもって、金と時間を無駄にしにゆくのさ。会いたい奴もそうはいないし、俺の高校は男女の比率が7対3くらいだったから、集まるのはおっさんばかりだ。さえないぜ。
だいたい、何十年もあっていない奴らと話をしたって、お互い話題もないだろうよ。
なにしろ、俺の通っていた高校の連中ときたら、医者の倅とか、とにかくやたら金持ちのボンボンばかりだったからな。今となっては、反体制でドロップアウトの俺とは、まったく住む世界が違うのさ。
こりゃ、天気の話でもするしかなさそうだな。やれやれ・・・。それについては、また話す機会もあるだろうよ。

毎日なにか面白おかしいことがないとな。人生が萎れちまうぜ。
しかし、そんなことを言っていられるのも今のうちだけだ。俺にははっきりわかってる。今は自分を休ませて充電する時期だって。そんなときもないとな。

なにしろ7月になれば、長期出張ででかい現場が俺を持っているんだ。
漢の仕事だ。浮ついた奴なんてついてこれないぜ。
未だかつてない重責なんだ。しびれまくること請け合いだ。正直、今の俺の実力でやり切れるか不安で仕方ないけれど、こいつをやり遂げれば、俺の仕事のレベルはまた何段かステップアップすること間違いないだろう。七転八倒してピンチを切り抜けるのが楽しみだ。
ワクワクするぜ。
だから、いま大してすることがなくったって、その長丁場を思えば、その手持無沙汰を愉しめばいいってことがよくわかる。これでいいのさ。

まぁ、どこでどんな現場と格闘することになるかなんてことは、ここには書けないけどな。こう見えて俺にだって、仕事上の守秘義務ってのがあるのさ。
そして、その現場を何とか切り抜けることができたなら、そのあとは息継ぎする間もなく、来年の3月まで、次の仕事が固まっているんだ。走り出したら気を抜く暇なんてありゃしないさ。

俺はいつも思ってることがあるんだ。
何をって?
そう、どんな仕事でも、目の前のことに精一杯取り組まない限り、次のステップに進めないんだってことさ。俺はそれをいつも自分に言い聞かせてるんだ。
だってそうだろう?どんなにでっかい夢を抱いていても、目の前のことに真剣に取り組まない限り、前には進めないんだぜ。当然、その夢に行きつくことなんてできっこないさ。

言ってみれば、説教好きな親父が、居酒屋で一杯やりながら言いそうなくらい月並みなことだけど、それが間違いないってことが、俺には経験的にわかってる。どうしてって聞かれると、苦労自慢みたいになるから、あえて言いたくないけどね。だって、過ぎてみれば、どんな苦労も笑い話だから。そうじゃないかい?

読者諸君、失礼する。今日はなんだか散漫な話になってすまない。まぁ、そんなときもあるってことさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿