2015/06/20

Post #1536

Bhaktapur,Nepal
先日、俺は新聞を見て思わず笑ってしまったんだ。
小牧市って愛知県の町なんだけど、そこの小学校に雄のヤギが現れて、生徒が避難した挙句、警察署員が捕獲してって話だ。
リンクはこちら➡小学校にヤギ乱入 校庭2周して逃げた 愛知・小牧
おもしろがって笑った後に、なんだかふっとさびしい世の中だなと思ったのさ。

なんでかって?

日本の社会ってのは、人間だけしかいられないように構成されてるんだなぁ・・・、てことを感じたのさ。
犬の糞はお持ち帰りください。猫に、ハトにエサを与えないでください。そんな看板を街の至る所で目にすることができる。人間が管理できないものは、この世に存在してはいけないのか?と思えるほどだ。
ネパールなんて、街中をヤギが好き放題歩いていた。
俺は真っ暗な夜道で雄のヤギを触ってみたら、怒り狂ったヤギに強烈な頭突きを喰らったことがある。あれは面白かったな。マジでビビったけどね。そん時の写真がこれだ。
Bhaktapur,Nepal
ビビった割には、ちゃんと写真を撮る余裕があるのが、俺の素敵なところだろう。
その街じゃ、そんな気性の荒いヤギが、街中を我がもの顔でうろついていても、警察が出動してとらえることもない。小牛ほどもある雄のヤギだぜ?それが町のなかを神出鬼没でうろついてるんだ。世界遺産の遺跡の上で、寝そべったりしてるんだ。
それどころか、その辺の爺さんなんかに、植込みの木の枝を伐って食わせろとねだったりしてるんだぜ。爺さんもよせばいいのに、どっかから長柄の鎌なんかもってきて、食わせるもんだから、ヤギも癖になっちまうよな。

この人間と人間以外=自然がまみれちゃってる感じが、なんだか自由でいいもんだなぁ。

日本は安全で快適だけれど、自由な風が吹いてない気がするよ。
まったく、もっと適当でいいじゃねぇかって思うよ。駅のロータリーにヤギだのウシだのがぶらぶらしてたら、それもおもしろいぜ。それで時間に遅れたからって、人生が終わるわけでもないだろう?

ちなみに、小牧で捕まったヤギは、そのまた隣の春日井市って町のおじさんが、今年の2月に買ったモノだったことが判明したそうだ。なんでも買ってすぐに逃げ出したんだってよ。
いったいこのヤギ、四か月もどこをほっつき歩いてたんだよ。日本もネパールと大差ないのか?
結果、ヤギはこのおじさんのもとに戻ってきたらしいぜ。
良かったな。

読者諸君、失礼する。どうしてそんなにヤギのことを気にするのかって?それは俺が1月11日生まれの山羊座の男だからさ。


2 件のコメント:

  1. 最後のオチがオモロイ!

    返信削除
    返信
    1. 若い頃、アゴヒゲを生やしていたら、ヤギ顔だったことが発覚しました…。以来、ヒゲは生やさない方針です。

      削除