2015/06/27

Post #1543

Malmö,Sweden
胃カメラを呑んできた。
下世話な話で恐縮だが、先日、トイレに行ってケツを拭いたら、紙に墨汁の様に真っ黒なのがついていたんで、これは胃潰瘍だか十二指腸潰瘍だかかもしれないと思い、検査することにしたのだ。
結果、俺の胃と十二指腸は処女のおまんこのように綺麗なもんだったぜ。
では、いったい何でそんなことになったのか。
思い当たる節はある。
俺はその前の晩、KAGOMEの『野菜生活100』っていう、ポリフェノールたっぷりで、紫色した野菜ジュースを、風呂上がりにぐびぐび何杯も飲んでいたのだ。
俺は思わず、お客様相談センターに電話して、そんなことってあるのかいって訊いちまったよ。
そうしたら、やはりメーカーでも、そういった事例は多々ございますとぬかしやがった。
冗談じゃないぜ。検査代4500円払ってもらいたいもんだぜ!
さすがにそこまで要求する気にはなれなかったが、ちゃんとパッケージに明記しておけよって言ってやったぜ。
ふん、これで俺も立派なクレーマーってことさ。

しかし、本当に俺がクレームをつけたいのは自民党のド腐れ集団だ。

日本各地で、自民党議員さんのもとに、地元の支援者から、安保法案可決に向けた傲慢きわまる国会運営に、非難GOGO!批判の声が寄せられているという。次の選挙では、あなたを支持しないという声が、自民党議員に次々寄せられているというのだ。
奴ら、先生とかいって偉そうにしているが、偉そうにさせてやっているのは、実は俺たち善良な市民の皆さんなんだ。もっとも、俺は共産党支持者だがね。だから、俺たち一人一人の市民が、議員たちに文句を言えば、奴らは落選=失業を恐れて、日和見だすに違いないぜ。

さぁ、君も君の町の自民党議員さんの事務所に出向いて、もう二度とあんたに投票しないって、はっきり言ってやろうぜ!

自民党の皆さんの増長はあまりにも目に余る。
今朝の朝日新聞の記事を見て、俺はひっくり返ったぜ。
見出しは「報道 広告主を通じて規制を」だ。リンクが貼ってあるからぜひ見てほしいが、大まかに言えば、安倍首相に近い若手議員が立ち上げた『文化芸術懇話会』なるお勉強会の会合で、議員たちは、『マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番。経団連に働きかけてほしい』とか、『悪影響を与えている番組を発表し、スポンサーを列挙すればいい』などという意見が出たそうだ。
これに奮発反発しないようメディアは、とっとと看板を下ろして廃業したほうがいいぜ。

もちろん、これは明確な憲法違反であることは、中学生でもわかる。
俺たちの国の政治を執り行っているのは、中学生以下の常識しかない阿呆どもだってことだ。
こりゃ、自民党議員さんの事務所に行って、絶縁状を叩きつけたくなるってもんだよな。

これって、いったいどこの国の話だよ。
報道の自由、言論の自由はこの国にはないのかい?
政権に都合の悪いニュースが突如カットされたりする中国や、プーチンを批判すると何者かに暗殺されるロシアと、何にも変わりはしないじゃないか?
この国は、ほんとうに民主国家なのか?
立憲主義はどうしちまったんだ?
それとも、政治家が居酒屋でくだをまくおっさんの様な無責任で見識のない発言をするのも、言論の自由だから、何を言っても勝手だってのか?
それは違うだろう?
政権に都合がイイのは、グルメ番組やくだらないバラエティー番組だっていうのかい?
そういうのを、愚民政治っていうんだぜ。

俺は昼飯を食いに入ったラーメン屋で、今度はこの記事に関する中日新聞の報道を見て、ラーメンを吹き出しそうになっちまった!

この会合には、講師役として作家の百田尚樹が出席していたんだが、彼はこの場で、『沖縄の二つの新聞は潰さないといけない。あってはならないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば、目を覚ますはずだ』とご高説を開陳なさったそうだ。
詳細はこちらライブドアニュース『百田氏「沖縄2紙つぶせ」発言は「雑談の中で冗談として言った」
しかも、自らのツイッターで、部屋の外からそれを盗み聞きしたマスコミを、卑劣だとこき下ろしている。
ちなみに、この懇話会の代表である木原稔自民党青年局長さんは、『ベストセラー作家から、改めて言葉の大切さを学びました』とかほざいているが、これはもう、苦笑いするしかないレベルだわ。

この一方で、自民党ハト派の『宏池会』の会合は、中止させられている。

あまりにひどい!

この件に関する、辻本清美の安倍総理に対する追及が傑作。政権寄りの報道でおなじみの政権の提灯持ち、産経新聞の記事のリンクも貼っておくかな。辻本氏「ソーリ 言い訳しないほうがいいですよ」に安倍首相逆ギレ!

読者諸君、失礼する。あまりのひどさに、開いた口がふさがらないぜ。俺はこの週末、俺の街出身の国会議員、江崎鉄磨の事務所に行ってみようかな。こいつの甥っ子とは高校時代、同級生だったからな。

0 件のコメント:

コメントを投稿