2015/07/07

Post #1553

Bremen,Germany
今日は七夕か?
新暦での七夕は梅雨真っ盛りで、天の川なんかにゃ、お目にかかることはできないんだ。こういった行事は、やはり旧暦じゃないとな。俺は君にお目にかかりたいもんだ。
日中は打ち合わせ、夜は現場と言う、仕事マゾ野郎にはうってつけの状況になってきつつある。
こんな調子で働き続けたら、あと5年くらいで見事に過労死できるだろうよ。
オリンピックにも、リニアモーターカーにも興味がないから、かまわないがね。

好きなように生きて、電池が切れるようにして死ねたなら、最高だ。

そんな無頼でノーフューチャーな俺でも、夜に備えてウィークリーマンションに戻り、昼寝をすることができるのは有り難いもんだ。
毎日雨が続いているおかげで、涼しくて眠りやすいのは実にありがたいんだが、ウィークリーマンションのエアコンが黴臭いのには閉口だ。本格的に暑くなるまえに、修理か交換してもらいたいもんだぜ。こんな黴臭い空気をベッドのすぐ上から吹き付けられたら、喘息だのアレルギーだのおこして、えらい目に合っちまうだろうよ。

しかも、素晴らしいことに、俺の借りている部屋の真下の部屋が、どうやら改装工事中で、バキッ!ギュルギュル!カンカンカン!とか、俺自身が仕事で毎度おなじみの、工具の奏でるノイズが響き渡っているんだ。
おかげさんで、おいそれとは昼寝もできないもんだ。
それどころか、音を聞いているだけで、何をやってるのか察しが付くくらいだ。
まったく、暇つぶしにはもってこいだな。
世の中、ほんとによくできてやがる。笑いが止まらないぜ。

そんな暮らしをしているおかげで、TVを見るわけでもなく、新聞を読むわけでもなく、すっかり世の中の動きに疎くなってしまう。
けれど、正直に言ってしまえば、それでも生きていくのに何の不都合もない。
確かに、ギリシャの国民投票が世界経済に及ぼす影響は、かなり気になる。
まぁ、それで損害を被るような金融資産なんか持っちゃいないから気楽なもんだがな。
糞ッ垂れな安保法制の、最終的には数で押し切られてしまうに違いない、単なる帳尻合わせの議論の行方も、おおいに気にはなる。
けれど、俺には自分の意見を持つこと以外、どうすることもできやしないんだ。もう、奴らを止められないのか?素晴らしき民主主義だ!

それよりも俺は、俺の大切な人たちが、今日も心安らかに暮らしているかどうか、それがなにより気にかかるのさ。
そう、残念ながら、俺はそばにはいてやれないけれど、それこそが俺にとっての一番の大問題だ。
なにか問題に直面して、苦しんでいたり、心を痛めていたとしても、仕事で東京に張り付いている自分には、さしあたって何もしてあげられないのが、歯がゆくて仕方がないんだ。もちろん、俺は神様じゃないんで、実際に問題を解決したりすることは難しいかもしれないけれどね。
あぁ、これじゃまるで、自分のことで手いっぱいな器の小さな奴みたいだ。

いい年こいて、自分のことで手いっぱいなんて、格好悪いはなしだな。
けど、そんなこと気にもしない奴よりかは、幾分はマシなつもりだ。

読者諸君、失礼する。俺はいつでも、よりマシな人間になりたいと思っているんだが、そう思えば思うほど、世の中から浮きまくってしまうのさ。どうしたもんかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿