2015/07/08

Post #1554

Swayanbhunath,Nepal
現場が動き出したとたんに、阿呆みたいに忙しい。
昨日も日中働いて、夜も現場に乗り込んで、今日の昼間も夜も現場だ。アフター5だのゆう活だの、なまっちょろいことを言って通じる世界じゃないんだ。
それが漢の生業だ。何しろ俺には責任があるからな。
望むところだ。
バブル期のサラリーマンのように、じゃんじゃんバリバリやったるでぇ!
どうにもならなくなったら、シャブでも打って、狂ったような目つきでギンギンで乗り切るか?
わはは、手が後ろにまわっちまうな。

そんなわけで、忙しいので手短に行こうよ。

俺はこんな時、いつも思うのさ。

もしも君が、落ち込んでいたり凹んでいたりするのなら、俺のこの溢れるパワーを分けてあげたいってね。
俺のことは全然心配いらないんだ。寝る暇もないほどへヴィーなほど、俺のソウル・パワーは湧いてくるのさ。シャブなんて全然お呼びじゃないのさ。

俺が持って生まれたこの輝きで、君を照らしてやりたいのさ。
たとえ君がお先真っ暗だとか思っていたって、ダイジョウブだ。
俺がついてる、心配しなくていいんだ。
俺が一緒なら、きっと真っ暗な夜道でも、言葉も通じない初めての場所でも、きっと怖くないぜ。
何時だって諦めなけりゃ、何とかなるものさ。
俺はたとえ、どんなに疲れていたって、おもしろくない出来事につまずいたって、へこたれることなんかないんだ。もちろん、反省もしないけどね。
おかげで成長もしないさ。成長した挙句に、訳知り顔の疲れ切った中年になんか、なりたいとは俺はおもっていないのさ。

OK、もう一度言わせてもらうぜ。

もしも君が、落ち込んでいたら、俺のパワーを分けてあげたいぜ!
だから、元気を出せよ!ってね。

読者諸君、失礼する。俺はいつだって、君のことを思ってるのさ。そして、君が誇れるような漢でいたいのさ。君が俺のドアをノックしてくれる日が来るのを、俺は待っているんだ。あばよ!

0 件のコメント:

コメントを投稿