2015/07/15

Post #1561

Hamburg,Germany
親愛なる読者諸君、今日も暑かったな。
しかし、馴染みの仲間と共に汗を流して順調に進んでいく仕事は、心地よい疲労感をもたらしてくれる。
なんだかんだ言って、俺は仕事が好きなんだろうな。
今日は猫の糞も踏んじゃいないしな。
順調だ。浜名湖の畔、森に面したリゾートホテルで仕事をしていると、銀座の現場の喧騒がうそのようだ。しかし、もう2,3日したら銀座に戻らなけりゃならないのさ。Fuck!

『都会は、人の住むところではありません』という言葉をどこかで読んだことがある。

街の好きな俺は、少し反発を覚えたもんだが、人間ってのはある一定の密度を超えると、精神的に不健康になるようにも思えるんだ。

かと言って、スウェーデンの町のように、森や林の中にポツポツと愉しい我が家が立っているようなのも、寒々しい気がして、落ち着かない。

ほどほどの規模の町がいいと思えるようになってきた俺なのさ。
歳をとったって、ことかな?

もしくは、人っ子一人姿も見えない大自然に、たった一人で対峙する・・・。

それが一番ニンゲンらしい姿の様な気もする。無力でいながら、生きる意志に満ち溢れ、他に比べる相手もいない一個の完結した人間として。

時折、そんなイメージが頭をよぎり、無性に憧れる。

大海原のど真ん中。
シベリアの針葉樹の森の中。
アマゾンの大河や森の奥。

いつか、そんな冒険がしてみたい俺なのさ。

読者諸君、失礼する。旅館のネット環境がイマイチなんで、長々くどくど書く気にもなりゃしないのさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿