2015/07/21

Post #1567

Copenhagen,Denmark
朝の6時から現場に乗り込み、14時半まで調整、確認、トラブル対応、設計さんへの電話にメールの疾風怒濤、挙げ句の果てには下らないことでいがみ合う職人達を宥め、そうこうするうちに携帯の電池が切れてしまった。まったく、これじゃまったく仕事になりゃしねぇ。
いろいろ頭に来る事ばかりで、頭の芯が痛くなってくるのとこの暑さで、すっかりうんざりして宿に帰ってきたんだ。
そして、19時からまた深夜まで現場だよ。たまらないぜ。飲まず食わずでガンガン行けるソーラーパワーの鋼の体が欲しくなるのさ。
まったく、黄色い胃液を吐きそうだ。死ぬまでこんなのが続くと思うと、げんなりするぜ。

そんなことはいい、昨日の続きだ。

手相観のおばちゃんのいうことじゃ、乗り物全般、観相学では女性を暗示しているらしい。
道理で、車や飛行機に乗るのは気持ちがイイと思ったぜ。

『あんたに車の事故が続いているってのは、女性関係で問題があるってことを意味してるの。なにか思い当たることない?』
あっても言えるか!ましてやここに書くことなんかできないぜ。思い当たらないでもないけどな。出来るわけないだろう?ちなみに言っておくと俺が先日事故ったのは、滋賀県雄琴温泉界隈だったとだけは言っておこう。だからどうした?

俺の心の中には、子供のころから今までに、いろいろあった素敵な女性たちが、今でもミラーボールのようにキラキラ輝いているんだ。
もう二度と逢えなくなった女もたくさんいる。
どこでどうしているのかすらわからない女もいる。
素敵な美魔女になった女性もいる。
俺の心を弄んでくれた女もいる。
俺を最低のクズ野郎と罵って、俺の前から消えていった女もいる。
人生いろいろだ。退屈しないぜ。そんな思い出を、味のしなくなったガムを噛み続けるように、いつまでも大切にしている俺なのさ。
どの女も、今でも大切だし、もしも今でも俺の力が必要だと請われたなら、俺は物惜しみしないだろう。まぁ、そんなことはまずないだろうけどね。俺は頼れる男と言ううより、倒れる男だからな。

俺の友人のY野によれば、俺の女の趣味は確からしいんだ。まぁ、しこたま酒飲んで言ってたことだから、あてにはならんがね。
しかしそれはあたりまえなんだぜ。
俺は女を外見だけじゃなくて、中身も加味して総合評価してるんだ。第一、俺の様な珍獣がイイって言ってくれる女だったら、物事の本質をみる女だって断言できるぜ。俺はこの人生で、見てくれだけのパープリンなんかとつきあったことぁ、憚りながら一度たりともありゃしねぇのさ。まぁ、向こうも俺なんざお呼びじゃないだろけどね。
何はともあれ、俺はガキの頃から惚れっぽい。知り合いの女性に言わせると、俺は恋愛体質なんだそうだ。漢方で体質改善が必要だな。


『ふ~ん、その様子じゃ何かありそうね』
『いやいや、俺はそのぉ、情が深くってさぁ・・・』
『そんな情捨てなさいよ!イイ奥さんがいて、なおかつ子供までできるっていうのに!』
『いやぁ、それは難しいよねぇ・・・』
そういう情を捨て去り断ち切ってしまうなんて、俺が俺じゃなくなることだよ、おばちゃん。
『あなたがねぇ、そういう邪念を捨てて、真っ当になるんだったら、子供は無事に生まれます!』

ひぇっ!さっきとなんか言ってること違わないか?脅しやがって!

『いや、邪念だなんて、俺はな~んにもやましいこたぁないんだぜ』
おばはん、なおも俺に疑いの目をむける。

だいたい、こういうことってのは、自分に邪心執心があったとしても、相手にその気がなければ、たんなる片想い、自分が苦しいだけだぜ。
そんな思いはもうごめんだ。
そんな甘酸っぱい想いは、十代の不毛地帯で十分だ。
いいか俺はもう46なんだぜ。
そうさ十分に歳食った俺は、股を開かない女には、とんと興味がないような最低の下種野郎なのさ。
その気もない女に山っ気をだしたりするのは、金と人生の無駄使いだ。
けれど、情が通じちゃったら、仕方ないだろう・・・。
俺は女をモノのように扱うことはできない男なんだ。

おばはん、俺の手相をしげしげと見ながら語りだした。
『あんたねぇ、この生命線の先端のところの三角形、これが大きいでしょう?これは先祖が立派な家を建ててるってことなの。』

どこに?

『つまりあんたは家柄がイイの』

そりゃ、俺は由緒正しい伊賀の忍びの末裔だからな。友人たちからは忍者ならぬ淫者はっとりくんと呼ばれているぜ。

『それはすなわち、昔のことだから、その分女の人を苦しめてきてるの、お妾さん持ったりとかねぇ・・・。』

『おおっ、実は俺の親父もカミさんの親父さんも、なんだその、艶福家というか…』
『なにが艶福家よ!そんなの女にだらしないだけでしょう!あんた、そういう情があるんなら、きっぱり断ち切りなさい!そうすれば、事故も無くなるし、子供も無事生まれます!』

おいおい、頼むぜおばはん。勘弁してくれよ。男にはロマンが必要なんだぜ。男のロマンのためなら、俺は女難の相の一つや二つ、全然楽しんじゃうぜ。むしろ望むところだ。
平穏無事な人生なんて、犬のえさにもなりゃしないぜ。
せいぜい赤ん坊の離乳食ってところだ。

『あなた名前は?』
おばはんはおもむろに俺の名前を聞き、それを百均で売ってそうな、薄汚れた小さな手帳に記した俺の生年月日の横に書き付けた。
『奥さんの名前は?』
俺はカミさん名前を教えた。長らく読んでくれている皆の衆はご存知だと思うが、俺とカミさんは籍を入れてない。もちろん別姓だ。同棲してはや20年になるか。
するとおばはん、またすごい剣幕で『なんであんた籍を入れてないの!すぐ入れなさい、次の大安吉日にすぐ入れなさい!』と来たもんだ。

『いやいや、俺はほら、こっちには単身で来てるから、婚姻届けなんて出しに行けないんだよ…』

『そんなの関係ないから、次の大安吉日に籍を入れなさい!これから子供も生まれるっていうのに!』
『いや、だから無理!』
『じゃぁ、15,000円出しなさい!』
へぇっ!?
『祈祷してあげるから、15,000円出しなさい!あんたの子供が無事生まれるように祈祷してあげます。15,000円出しなさい。子供が無事生まれることを思えば、安いもんじゃないの』

なんだかおかしな展開になってきたな。このババア、人の足元見やがって・・・。

読者諸君、失礼する。次回は金難の相だ。いったい俺の女難の相はどこに行ったんだ?

0 件のコメント:

コメントを投稿