2015/08/26

Post #1604

Copenhagen,Denmark
台風の影響なのか、8月にしては肌寒いほどだ。
ぬくもりが恋しい季節が、一足飛びにやってきてしまった。
どうせ暑い季節と思い、出張にはカットソーくらいしか持ってきちゃいなかったんだが、これでは風邪をひいてしまうぜ。
どうせ作業服しか着てる暇はないんだろうって、君はいうかもしれないけど、俺は家の中で、だらしない格好をするのは好きじゃないんだ。ゴミ捨てや近所のコンビニに、野暮ったいジャージとクロックスなんかで行くなんてのは、言語道断だ。もっとも、そんなの持っていないけどね。
もちろん、女性とご飯を食べたりする機会があったとしたら、だらしないのは絶対ごめんだ。
ジャージにクロックスじゃ、様にならんだろう?すね毛丸出しの短パンにTシャツなんて、旅行中のアメリカ人みたいな格好も御免蒙るぜ。

俺はいつだって、イギリスあたりのロックをやってるあんちゃんみたいな恰好をしていたいのさ。
もじゃもじゃした髪を、風になびかせながら、街に解き放たれた野獣のように闊歩したいのさ。

そんなわけで、仕事を終えて銀座6丁目のZARAに行ってきた。
ここの内装は、何年か前に地元でZARAの内装工事をやったときのものと同じなので、辛い記憶がよみがえってくる。あの時は辛かったなぁ・・・。
だが、その辛い日々があったからこそ、今日の自分があるのだ。
どうせ、どんな辛いことも、過ぎてしまえば笑い話だ。さんざん辛い思いをして、あとでゲラゲラ笑えるネタにすればいいのさ。

しかし、問題なのはそれじゃない。俺の雰囲気にぴったりの服をGETできるかどうかだ。
気取った服はいらない。俺が欲しいのは、普段何も考えずに羽織って、なおかつ自分らしい雰囲気を醸し出してくれるような服なのだ。だから、世界の国民服ユニクロには行かないのさ。

しめしめ、そこそこ俺らしい雰囲気の服を見繕うことができた。申し分ない。
気になるお値段10,990円。ZARAにしちゃ高いほうだな。
まぁいい、今年の秋はこれでばっちりだ。
こんど君に会う時も、きっと着ているはずさ。
ところで君はどこにいるんだ?はやく会いたいもんだぜ。

読者諸君、失礼する。このまま涼しくなってゆくのか、それともまた暑さが盛り返すのか。まぁ、どっちだって構わないか?所詮ニンゲンの力では、どうすることもできやしないんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿