2015/09/28

Post #1637

HomeTown/Nagoya
俺はこの土日、性懲りもなく銀座の現場に舞い戻り、ほとんど眠らず、月明かりに照らされながら夜通し働いて、朝7時の新幹線で名古屋に戻って仕事をしていた。
危うく新幹線で寝過ごして、、京都旅行に行っちまうところだったが、不屈の精神力で名古屋の手前で目を覚ましたのさ。さすが、業界で眠らない男といわれてるだけのことはある。

とはいえ、図面とにらめっこしてるだけのデスクワークだ。
眠たくて仕方ない。というか、気が付くと終日居眠りしていたようなもんだ。

帰り道、眩しいくらいに輝く月に照らされて家路をたどった。
月を見ると、自分にとってかけがえのないひとを思い出す。
その人も、同じ月を見ているのだろうかと思うと、少し嬉しく、少し切なくなる。
そうして家にたどり着き、泥のように眠っていたのさ。

ひと夏を費やした銀座の仕事は終わった。
あとはオープン前のレセプション・パーティーに行くだけだ。楽しみだな。誰かすてきな女性を連れていきたいもんだぜ。

読者諸君、失礼する。想えば今年はいろんなことがあった夏だったよ。ここにかけないことばかりだけどね。

2 件のコメント:

  1. 昨日と今日の二枚、なんというかヒリヒリ何かを感じます。

    すごい働き方していますね。お身体にお気をつけて下さい(._.)

    返信削除
    返信
    1. いやぁ、僕の仕事はいっつもこんなもんです。(^.^)
      昨日の写真もこの写真も、ずいぶん前にとったものです。最近はもうちょっとニンゲンが丸くなったんで、あんまりヒリヒリしないかもねぇ~(^_^ゞ

      削除