2015/10/20

Post #1658

Hamburg,Germany
昨日、仕事でいろいろと頭にくることがあって、やたらめったらカッカしていた。
朝起きてみると、左足にいつもお馴染みの痛風発作が起きていた。

やれやれ。またかよ…。

みんな俺を贅沢病というんだが、決してそうじゃない。
精神的なストレスで、俺は容易に痛風発作を引き起こす。見た目と違って繊細なのだ。というか、起こることによって、体の中のバランスが崩れてしまうのさ。
人間笑っているのが、一番ってこったろうな。

俺の眉間には、深い縦皺が彫刻刀で彫り込んだように刻まれている。

俺は先週身体の調子を崩して病院に行ったときに、血液検査のために採血されていたんで、仕事に遅刻して結果を聴きに行くことにしていたんだ。もちろん、仕事も休めない。

そこで、愛用の杖をついて、馴染みの病院に向かった。

診察室に入ると、先生はこっちも見ずに検査結果を見ながら『尿酸値が高いねぇ…』という。

俺は思わず苦笑いしながら、『はい、おかげさんで今日は痛風発作が出ています。』と答えたんだ。

診察室中がずっこけたぜ。まるで昭和のコントだぜ。

読者諸君、失礼する。どうして俺の人生は、こうコミカルになっちまうんだろうなぁ…。まぁ、なんとなく面白いからいいか。

0 件のコメント:

コメントを投稿