2015/11/11

Post #1673

サンパウロの森山大道をDVDで鑑賞
盲腸のおかげで、月見きしめんだの雑炊だの、なにやら頼りないものばかり食っている。
おかげでどうにも力が入らないが、力を振り絞って今日も働いてしまった。
おかしい。今日こそとっとととんずらして、療養させてもらうつもりだったのに。
まぁ、いい。今日も生きてる。どうってことないさ。

鳥雑炊を食いながら、日本が世界に誇る写真家・森山大道がブラジルのサン・パウロでストリートスナップをしているDVDを見る。

いいなぁ・・・。

あんなところを旅したら、360度、どこを向いても写真になってしまうだろう。とにかく、ニンゲンがうじゃうじゃしてる。それも、いろんな人種が入り混じって、カオスのようだ。
俺もブラジルには前々から写真を撮りに行きたいと思っていたんだ。
そう、中学生くらいから・・・。開高健の傑作ドキュメント『オーパ!』を読んだあのころから、ブラジルは、アマゾン川は俺の憧れの地なのさ。
マエストロ森山大道、悠然と写真を撮り歩く
う~ん、せせこましい日本の、これまたせせこましい仕事に忙殺されていると、どうにもここじゃないどこかにとんずらしたくなる。それは俺だけではあるまい。
しかし、大方の皆さんは思うだけで踏み出せず、毎日虚しく満員電車の座席を奪い合い、運よく座席にありつくと、眠りこけることになるのだ。あるいは、吊革につかまりながら、手にしたスマホでどうでもイイ情報を漁るかだ。

しかし、本当の人生はそげんところにはなかとですとよ!

今までいろんな国に行った。俺たちが考えもしなかったところにも、ニンゲンはうじゃうじゃ生きている。俺はそれが見てみたい。
言葉も通じぬ見知らぬ街を、カメラを片手に煙草をふかしながら、朝から晩まで歩き回ってみたい。
そうして、暗室に引きこもり、心安らぐほのかな赤い照明の中で、自分だけの街を印画紙の上に築き上げたい。

そうしているとき、俺は本当に自分が自分らしく存在しているって感じるよ。
見ていて思わず泣けてくるほどに、森山大道が羨ましい。俺の頬を伝った涙が、鳥雑炊の中におち、思わぬ隠し味になりそうだ。ふむ、それはそれでなかなか乙なもんだな。
写真についてぼそぼそと語る森山大道
読者諸君、失礼する。人生は、しょせん一つの長い旅路にすぎないのさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿